【特設記事】 カープ戦中継の放送予定と試合日程[1軍][2軍] | 順位表 | 公示 | 写真集・レポート一覧 | 動画記事(YouTube) | 遠征記録 | カープ関連特集・特番の放送予定 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | 現役引退・退団選手の進路 | ドラフト2017~交渉権を獲得した選手 | 契約更改 | 世代別選手一覧表 |

[2014.04.08] 広島 4 - 1 巨人 (東京ドーム)/2年ぶりの単独首位=プロ野球・試合結果

配信:2014年04月09日(水)09時36分 | カテゴリ:試合結果 | タグ:

8日、読売ジャイアンツとのセントラルリーグ公式戦が東京ドームで行われました。広島の先発は野村祐輔投手。巨人の先発は内海哲也投手。

── 画像はTBS「NEWS23」(9日放送)より
  • 投手陣

先発の野村は、新球のシュートを効果的に使って粘り強い投球を見せながらも、重要な場面ではチェンジアップで三振に打ち取るなど、エースの風格を漂わせ6回を1失点。

7回からは2番手として一岡登板し、1回を三者凡退の2奪三振。

8回からは3番手として永川が登板。先頭打者の松本を死球で出塁させてしまいますが、盗塁を試みようとしていた松本を牽制で外してアウトに。センター前ヒットで出塁し、盗塁を試みた長野を石原が刺して2アウト。最後は片岡をファウルフライに打ち取り3アウト。

9回は3点リードをもらったミコライオが三者凡退で締めました。


  • 野手陣

RCCラジオの情報で、堂林のライト起用プランもあると首脳陣が語ったとされる中、ここまで結果の出ていなかった廣瀬が、2回に先制タイムリーを含む4打数3安打1打点と野村監督の起用に応えます。

続く3回にはエルドレッドが内も外も苦にしない打撃を見せ、タイムリーを放って2点目。

わずか1点のリードで迎えた9回、ミコライオに負担がかかるかとと思われた矢先、堂林が代打で今季第2号となる2ランを放ち巨人の追撃を断ち切りました。


ゲームは広島が4対1で勝利し、貯金5で2年ぶりの単独首位。野村は今季2勝目に加えて巨人戦初勝利。ミコライオがはやくも4セーブ目。
最近の記事