【特設記事】 日程表[11月12月 ]| 放送予定ファン感謝デー優勝パレード] | 契約更改 | ドラフト2017~交渉権を獲得した選手 | 今年最も話題を集めた選手 | 公示 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

メキシコ人選手のペーニャ、前半戦で活躍すればカープのメキシコ人選手として初の選手別応援歌が誕生へ/ファンが選ぶ選手別応援歌[広テレ版]

配信:2017年03月10日(金)17時29分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 応援歌 , ラミロ・ペーニャ ,


【カープ関連特集】── 広島テレビの番組「テレビ派」は10日、カープの選手別応援歌に関する特集を放送。
選手別応援歌はどうやって作っている?
応援団・新藤会長に聞きました!

カープの選手別応援歌についてお話を伺ったのは、カープ私設応援団連盟会長の新藤邦憲さん。





応援歌を作る選手の基準について





新藤会長
:結局は1軍にある程度定着して、実績を出してくれたら、その選手のオリジナル応援歌を作ります。





応援歌を作っている人





新藤会長:こういう風な(私設応援団連盟の)組織図があるんですけど、応援プロジェクトチームというセクションがあります。






新藤会長:ここに作詞や作曲をするセンスのある団員がいるんです。作詞と作曲で3人かな。





── 広島におられるんですか?

新藤会長:広島と東京にいます。




── 会議とかをして?

新藤会長:打ち合わせをしながらね。






応援歌の始まりについて





新藤会長:1975年に初優勝して、そのころから何かせんといけんということになって。

新藤会長:結局、トランペットをもちいた応援を2年後に始めて、3年後の1980年にセンターファンクラブが「浩二、かっとばせ、浩二」と。






── 今のように歌われるようになったのはいつ頃から?

新藤会長:高橋慶彦とか、ライトルとかの応援をしていく中で歌詞がついたと。



ペーニャの応援歌について


── 新藤さんの話によりますと「前半に活躍してくれると後半から聴けるかもしれない」ということです。

── これまでメキシコ人選手はカープにいなかったので、初のメキシカン風の曲が出来るかもしれないと。


── 広島テレビ「テレビ派」(10日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋

ファンが選ぶ
好きな選手応援歌


── 広島テレビ「テレビ派」(10日放送)より
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR