【特設記事】| 試合結果と今後の日程 | 順位表と予告先発 | 故障者情報 | 【特集一覧】カープ選手別リスト | カープ関連イベントのリポート | カープ応援の旅(遠征記録) | カープ必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】広島に来て1ヵ月経ったペーニャ「先日、お好み焼きを食べて、とても美味しかったです」「広島での暮らしが好き」

配信:2017年03月19日(日)23時05分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 特集 , ラミロ・ペーニャ ,


【カープ選手特集】
── 広島ホームテレビの番組「フロントドア」は18日、ラミロ・ペーニャ選手の特集を放送。
新外国人
ラミロ・ペーニャ

広島に来て1ヵ月…
街の印象は?


ペーニャ
:広島での暮らしが好きで、街もキレイだし、楽しんで生活をしています。






広島の名物・食べ物は食べた?

ペーニャ
:自分の目で見たものは全て挑戦しようと思っています。





ペーニャ
:先日、お好み焼きを食べて、とても美味しかったです。





ペーニャ
:これからも何か新しいものを見つけたら、挑戦していこうと思っています。





日本の投手の印象


ペーニャ
:ここまでいろんな投手の球を見てきましたが、日本人の投手は全体的にスピンの効いた良い球を投げていますね。






いつからスイッチヒッターに?


ペーニャ
:野球を始めた頃、私の父親が右でも左でも打つようにと教えてくれたのが始まりです。





ペーニャ:リトルリーグに入った7歳頃から12歳までは、1打席ごとに右と左を変えて打席に入っていました。相手の投手が右でも左でも関係なくね。





ペーニャ
:13歳になった頃からは、相手の投手が右投手なら左打席、左投手なら右打席という感じでスイッチでやっていました。






ペーニャ
:本当に小さい頃から右でも左でも打っていたんですよ。






お父さんも野球を?


ペーニャ
:父はプロレベルでは野球をしていませんが、自分が生まれ育った州では有名な選手でした。





ペーニャ
:おそらく、父はプロに行こうと思えばそれなりの能力はあったと思いますが、野球から一歩引いて銀行マンになったんです。




── 広島ホームテレビ「フロントドア」(18日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
最近の記事
QRコード
QR