【特設記事】| 試合結果・今後の日程・予想先発・中継予定 | 2軍情報 | 公示 | 故障者情報 | 放送予定(関連番組・特番) | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】丸が高校時代から続けている習慣「丸ノート」/プロ入り後も一つ一つ課題を克服して球界を代表する選手に

配信:2017年06月26日(月)20時54分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:プロ野球 , 広島東洋カープ , 特集 , 丸佳浩 ,


【カープ選手特集】
── 広島ホームテレビの番組「鯉のはなシアター」は8日、丸佳浩選手の特集を放送。
母校巡り
丸佳浩と千葉経済大学附属高校

丸の尽きる事のない向上心は、高校時代から備わっていた。





先輩としてアドバイスを送っていた大野さんはこう振り返る。





大野さん:(丸の)努力をしながら一つのことに没頭できる力は本当に大きいと思います。





大野さん:バッティングについても、最後の最後まで打てるまでやったり。自分の課題が出来るまでやっていました。





大野さん
:外野でノックを受けていても「厳しいところに打ってください。飛ぶぐらいのところで捕るので」と、突き詰めてやっていく姿勢を見せていましたし、自分が納得したら練習を終えていました。






大野さん:最初はそんなにたいした選手ではなかったのに、自分の努力で高校では甲子園に2回出場して、結果も残してプロに入って。





大野さん:プロ入り後のカープの練習も本当に厳しいと聞いていますし、その中でも指導者の人に言われたことをきっちりやっているだとか、自分で物事を考えて努力してきたわけですよね。




大野さん:積み上げてきたものが、今出ていると思います。




そんな丸が高校時代から続けているある習慣がある。

大野さん:高校で松本監督に教わったことなんですけど、反省や課題を全部小さいノートに書いて、常にポケットの中に入れていたんです。





大野さん:それをカープに入ってもやっていると。





大野さん:「丸ノート」が話題になった事がありますけど、あれは高校の時からやっていたことなんです。





プロ入り後も一つ一つの課題を克服する事で成長を続けてきた丸佳浩。さらなる進化が期待される。




── 広島ホームテレビ「鯉のはなシアター」(8日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋

ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR