【元カープ】2014年のドラフト7位・多田大輔(住吉大輔)選手が現役引退/野間選手らと同期



【カープ関連ニュース】── 元カープ・多田大輔(住吉大輔)選手が2019年シーズンを最後に現役を引退。
多田選手は2014年にドラフト7位でカープに入団。厚い捕手層に阻まれ、1軍昇格は実現しないまま2017年オフに退団し、富山の社会人野球チーム・バンディッツベースボールクラブを経て、2019年は東広島市の社会人野球チーム「伯和ビクトリーズ」でプレーしたが、同年限りで現役を引退。

多田選手は「ここからは全く野球とは無関係の本当の意味での社会人として生きていきます。今まで野球を通じて培ってきた行動力や忍耐力を活かしながら社会人としても頑張っていきます。(中略)最後になりますが、ここまで関わってきた全ての方達に感謝したいと思います。本当にありがとうございました」とコメントしています。


── SOURCE:「伯和ビクトリーズBlog

【関連記事】

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【今日のカープ】田中広輔選手が国内FA権を行使せず残留を表明。ドラ1・栗林良吏投手と仮契約等[2020年11月30日(月)] Nov 30, 2020
【カープ】契約情報(2021) Nov 30, 2020
【カープ】ドラ1・栗林良吏投手と仮契約。契約金1億円・年俸1600万円+出来高5000万円 Nov 30, 2020
FA権を行使せず残留を決めた田中広輔選手が会見「広島全体が家族のようなイメージ」「またカープを強くしたい」 Nov 30, 2020
背番号別カープ選手一覧(2020年オフ版)[現在の空き番号・各番号の代表的選手] Nov 30, 2020

QRコード

QR