【カープ】菊池涼介「皆と一緒にやりたい気持ちがどんどん強くなった」「もっと人の気持ちが分かればチームの力も上がると思う」



【カープ選手特集】
── テレビ朝日の番組「報道ステーション」は16日、カープ・菊池涼介選手と元サッカー日本代表・澤登正朗さんの対談を放送。
菊池涼介×澤登正朗
(テレビ朝日「報道ステーション」)

広島・菊池涼介








毎年、静岡で行っている自主トレには澤登らサッカー選手も参加。野球とサッカーの垣根を超え、親交を深めてきました。







波乱万丈のオフを送った菊池

11月、野球日本代表「侍ジャパン」として国際大会「プレミア12」を戦う中で、正式にメジャー挑戦を表明。







その後はアメリカに渡り、多忙な年末を送りました。







しかし、話はまとまらず、菊池は交渉期限を前に広島で戦う事を決意します。







菊池:(カープ球団が)わがままを聞いてくれて、柔軟に対応してくれた恩もありましたし、4連覇を逃して4位に終わり、みんなと一緒にやりたい気持ちがどんどん強くなったので。




菊池:早めに伝えたいと思いましたね。






味わった悔しい経験が、広島残留の決断を後押ししました。







実は去年、守備の名手に異変。失策は「10」



重たい数字が付きつけられました。





澤登:去年、この自主トレで「失策0でいきます」と言っていたけど開幕戦で…。でもアレはエラーじゃなくない?







菊池:「E」と表示されたらエラーですね。僕の中では。








澤登:バウンドになっちゃったからってこと?

菊池:そうですね。(自分が)許せないですね。

菊池
:アンパイアが「アウト」とコールするまでが一つのプレーなので。







菊池の売りでもある攻めの守備。それは時にリスクを伴います。







さらに昨シーズン、鉄壁だっはずの二遊間に綻び。長年コンビを組んでいたショート・田中広輔が不調でスタメンを外れると、代わったルーキー・小園と息を合わせる事が出来ませんでした。







厳しいシーズンを送る中で、菊池にはある思いが芽生えていました。

菊池:「相手の気持ちになりたい」というのが去年くらいから。







それは昨シーズン、本人が選んだベストプレーに現れていました。

6月、DeNA戦でのダブルプレー。このプレーを選んだ理由。







菊池
:なんとか捕れた中で、ショートの田中がしっかりベースに入ってきている。








澤登:ジャンプの時にカバーに入っているのが見えてる?


菊池:確認して投げてます。







菊池が自ら評価したのは、派手なジャンピングキャッチではなくチームメイトの動きに合わせた送球だったのです。







菊池:投げやすいところにトスしないといけないなとか、捕りやすいところに投げないといけないなみたいに、もっと人の気持ちが分かればチームの力も上がると思うので。







チームメイトの気持ちを理解…その為に今年の自主トレでも菊池は本職のセカンド以外も入念に守備練習を繰り返していた。







さらに菊池が日本でのプレーを決心した理由がもう一つ。







澤登:今年はオリンピックイヤーですね。

澤登
:「プレミア12」で世界一になって、東京オリンピックでも金メダル。




菊池:獲りたいですね。





菊池:(「プレミア12」時よりも)代表枠が4人分ぐらい減ることになると思うんですけど、選ばれるためにしっかりシーズンで成績を残して、オリンピックに呼ばれる日を迎えたいと思います。








今季の公約


菊池:「優勝」

菊池:金メダルもありますし、カープとしては挑戦者として優勝ですね。




── テレビ朝日「報道ステーション」(16日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・要約・一部抜粋

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【カープ】「正隨優弥プロ初ヒット初ホームランTシャツ」9月20日(日)に球団通信販売と球場内グッズショップで発売 Sep 19, 2020
9月19日は「世界骨髄バンクドナーデー」/元カープ・北別府学さんもメッセージを寄せる Sep 19, 2020
【カープ】順位表(2020年9月18日) Sep 18, 2020
【試合結果】ヤクルト14-5広島(18日・マツダ)/あのリーグ連覇から3年目の今日 Sep 18, 2020
【カープ】2年目の正隨優弥、プロ初ヒットがホームラン Sep 18, 2020

QRコード

QR