野球協約ではホーム60試合(計120試合)開催でシーズン成立も…今年は非常事態につき臨機応変な対応へ



【カープ関連ニュース】
── 産經新聞・植村徹也記者が2日、OBCラジオ大阪の番組「里見まさとのおおきに!サタデー」に出演し、新型コロナ問題により開幕日が定まらないプロ野球について語りました。
まさと・越後屋のスポーツ捕物帳!
(産經新聞・植村徹也記者)

7月開幕では野球協約が定める最低試合数120試合(ホーム60試合/ビジター60試合)開催は非現実的

植村記者:野球協約には、1シーズンがホーム60試合、計120試合をもって成立するというような文言があるんです。

植村記者
:ただ、これについては2カ月ぐらい前の12球団の会議で「非常事態なので、野球協約は尊重しながらも臨機応変に取り組みましょう」というコンセンサス(同意)が12球団から得られています。

植村記者
:僕はいろんな人から話を聞いていますのでね。100試合未満になると思いますわ。



── OBCラジオ大阪「里見まさとのおおきに!サタデー」(2日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び要約・意訳

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【カープOB】新井さんがゴールデン生放送で初MC Jun 01, 2020
広島でも行われたシークレット花火。多くの人が広島港周辺に集まるも…正解は太田川 Jun 01, 2020
ついに広島市から特別定額給付金(10万円)の申請書が届く/なお、マスクは… Jun 01, 2020
【カープ】新たなチケット払い戻し対象試合が発表(6/19~7/18開催分) Jun 01, 2020
【2020年6月】カープ2軍の日程・中継情報/練習試合の日程が発表 Jun 01, 2020

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
1位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR