【試合結果】広島7-8ヤクルト(15日・マツダ)/8点ビハインドから1点差まで詰め寄る。ケムナがプロ初登板



【速報】
── 3年ぶりの先発となった広島の塹江は、初回こそ三者凡退に抑えるも、2回と4回に四球を与えた直後にホームランを浴びるなど4回途中4失点。
一方の打線は一時8点を追う展開となるも、磯村の2ランや堂林のタイムリーなどで1点差まで詰め寄り、一打出れば同点という場面まで作ったが、あと一歩及ばなかった。

チームとしてはこの敗戦でかなり厳しい状況に追い込まれたが、野手陣やプロ初登板のケムナらは立派な姿を見せてくれた試合だった。



※ 写真集は後ほど公開予定

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【カープ】「正隨優弥プロ初ヒット初ホームランTシャツ」9月20日(日)に球団通信販売と球場内グッズショップで発売 Sep 19, 2020
9月19日は「世界骨髄バンクドナーデー」/元カープ・北別府学さんもメッセージを寄せる Sep 19, 2020
【カープ】順位表(2020年9月18日) Sep 18, 2020
【試合結果】ヤクルト14-5広島(18日・マツダ)/あのリーグ連覇から3年目の今日 Sep 18, 2020
【カープ】2年目の正隨優弥、プロ初ヒットがホームラン Sep 18, 2020

QRコード

QR