【特設記事】 日程表 [1軍] [2軍]| 今週の放送予定と予想先発 | 優勝特番の放送予定 | 公示 | 故障者情報 | 放送予定(関連番組・特番) | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】日本シリーズ第3戦の黒田について松原トレーナー「本人はそもそも降板する気はなかった」/次世代に受け継がれるプロ意識

配信:2017年01月24日(火)22時21分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , 特集 , 黒田博樹 , 松原慶直 ,


【カープ関連特集】
── ちゅピCOMの番組「帰ってきたCARPなんでも調査隊」は23日、カープ1軍担当チーフトレーナー・松原慶直さんの特集を放送。
「鯉の職人」
1軍担当チーフトレーナー
松原慶直さん

選手を支えるスタッフを紹介する「鯉の職人」





── トレーナーの松原さんに来て頂きました。よろしくお願いします!

松原
:よろしくお願いします。






── 松原さんは具体的にどのようなお仕事をされているんですか?

松原:1軍の方には、選手を治療するメディカルなスタッフと、コンディショニングを担当するアスレチックトレーナーがいるんですけど、私は主にリハビリや治療をメインでやっています。





── 選手がケガをしたりすると一番に飛んでいくのが松原さんと。

松原:そうですね。ベンチで選手を見守って色々とチェックをしています。ケガ持ちの選手の動きを見たり、死球を受けた選手の様子、そぶりを見たり。




黒田博樹さんの最後の登板
日本シリーズの状況


── 黒田さんの最後の登板となった札幌ドームでの試合、一度違和感を訴えてベンチに下がられた時の状況はどんな感じだったんですか?

松原:ふくらはぎをつってベットに戻った時点で、ハムストリングスもつったりしたので、ちょっと難しいかなと思ったんですけど、本人はそもそも降りる気はないので。





松原:「まずは行く」という空気感で、改めて聞いたわけではなくて、「(マウンドに)行ってまず決めましょう」と。監督にも「まず試します」と伝えました。






降板後、黒田さんの高いプロ意識


松原:その後、ロッカーでマッサージをしていたんですけど、「次の登板があるかもしれんからアイシング先にやるわ」ということをおっしゃったので、あのプロ意識というのは、僕の中でも財産になりました。

松原:自分の後を繋いだヘーゲンズに対しても、モニターを見ながらボソッと「頑張れ」って言ってましたし、戻ってきたら「ソーリー」と。





松原:足がつったりすることはそれまでにも何度かあって、色んな対処をしてきた中で、ああいうことがあったんですけど、メディアの方には「今までこんなことはなかった」と。

松原
:もう1回登板があるかもしれないので、弱みを見せたくないと。成熟しきったプロ意識を見させてもらったのは本当にありがたいことでした。



── 松原さんから見て、黒田さんのプロ意識が今いる選手達に伝わっていると思いますか?

松原
:確実に伝わっています。黒田さんのおかげで、自分で体を管理することの大切さを再確認した2年だったと思います。





── ちゅピCOM「帰ってきたCARPなんでも調査隊」(23日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR