【特設記事】| 今日のスタメン・出来事・試合結果・今後の試合予定 | カープ関連番組の放送予定 | 今後のカープ関連イベント | 【特集一覧】カープ選手別リスト | カープ関連イベントのリポート | カープ応援の旅(遠征記録) | カープ必勝祈願の旅 | 故障者情報 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】1軍切符へ熾烈な争い~堂林と下水流が猛アピール

配信:2017年03月14日(火)23時04分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , ニュース ,


【カープ関連ニュース】── 広島テレビの番組「テレビ派」は14日、きょう明石トーカロ球場で行われた東北楽天ゴールデンイーグルスと広島東洋カープのオープン戦について報道。
ドラ1・加藤
開幕ローテへアピール

明石トーカロ球場で行われたオープン戦。





先発はドラフト1位ルーキー・加藤拓也。オープン戦では初マウンドも、イーグルス打線を3回まで1安打に抑えます。






しかし4回、ヒットと四球でランナーを背負うと、イーグルスの5番・銀次にタイムリーを浴び、対外試合6試合目で初めて失点します。





それでも後続を三振とセンターフライに打ち取り、最少失点で切り抜けます。





加藤は5回を投げて98球と球数が多く、緒方監督は「今日で開幕ローテ当確という評価を出す事はない」と態度を保留です。





加藤:大量失点は与えないというか、取られても、その後はしっかりと切り替えは出来たので、そこは良かったと思います。





加藤:自分のしっかりしたボールを投げれば通用するのかなと思うので、その確率(しっかりしたボールを投げる確率)をもう少し上げないといけないと感じています。





一方の野手陣、12打席ヒットのなかった堂林が、2点タイムリーを含む3安打猛打賞の活躍を見せると、去年は対左投手の打率が3割の下水流が、イーグルスのサウスポー・辛島からホームラン。




下水流は今年も左投手への強さをアピールです。



試合はカープが9-2で勝利しています。




── 広島テレビ「テレビ派」(14日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
最近の記事
QRコード
QR