【特設記事】 日程表 [12月][1月]| 年末年始カープ関連特番の放送予定 | 契約更改 | 自主トレ予定地一覧 | 写真集・レポート一覧 | 遠征記録 | 今年最も話題を集めた選手 | ドラフト2017~交渉権を獲得した選手 | 現役引退・退団選手の進路 | カープ選手特集の一覧 | 公示 | 故障者情報 | 世代別選手一覧表 |

【カープ】丸「打てる球を振りにいくことも選球眼の一つと石井コーチが言ってくれました」/打撃好調の理由

配信:2017年07月19日(水)11時34分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:カープ , 特集 , 丸佳浩 ,
[画像]丸佳浩(2017年7月18日)

【カープ選手特集】
── NHK広島放送局の番組「お好みワイドひろしま」は18日、打撃好調な丸佳浩選手の特集を放送。
丸佳浩選手
打撃好調の理由は

:僕は調子の波というのは激しいほうだったので、そういった意味では、今年の前半戦は波をなるべく小さくできた感じはあります。






今シーズン、プロ10年目の節目を迎えた丸選手。前半戦は全試合3番で先発し、バットでチームの勝利に貢献してきました。



2位・阪神に大きく差をつけ、独走態勢を築きつつあるチームになくてはならない存在です。



その丸選手が、前半戦で好調を維持できたポイントに挙げたのが「選球眼」





:よく選球眼という言葉が使われますけど、単純にストライク・ボールの見極めだけでなく、「自分の中では打てる球を振りにいくことも選球眼の一つ」と石井コーチが常に言ってくださるので。






:そういったところでは、しっかりといい選球眼を持って、自分のチャンスのある球に対してスイングできていると思います。





打てると思ったら積極的に振る。その結果、初球を打った時の打率は4割7分7厘をマーク。去年より1割以上高い数字です。





さらにコースに応じたスイングにも磨きがかかりました。なかでも交流戦のソフトバンク戦は、思い通りのスイングが出来た試合でした。

相手バッテリーがアウトコースを攻め続ける中、狙いすましたようにボールをスタンドに運びます。自身初の3打席連続ホームラン。打球は全てレフト方向でした。



前半戦を終えてホームランの数は16本と自己最速のペース。

簡単には打てないセンターから逆方向のホームランが、そのうち7本とすでに去年を上回り、全体の半分近くを占めています。



:速い球に対して力負けすることなく、むしろ相手の球の勢いを利用してというか、そういうイメージで打てたと思います。





:速いからと言って、こちらも力をガチガチに入れて振りにいくというよりは、しっかりとコンパクトにスイングできました。





:基本的にはコースなりに打っていくのがベストだと思うので、それも継続していきたいと思います。





リーグ連覇を目指し、大事な試合が続くシーズンの後半戦。丸選手は、広角に打ち分ける打撃を武器にチームを引っ張りたいと意気込んでいます。

:去年同様、自分達の野球をやれば勝てる雰囲気もありますし、そういう意識が僕を含めてチーム全体に、ものすごく浸透しているのが、今シーズンより強く感じているので。





:いかに自分達の野球が平常心でできるかが、このあとの試合で大事になってくると思います。




── NHK広島放送局「お好みワイドひろしま」(18日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR