【特設記事】 日程表 [1軍] [2軍]| CSファイナルの放送予定と予想先発 | 公示 | 故障者情報 | 放送予定(関連番組・特番) | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】津田恒実投手の記念館設立に向けた募金が約2000万円に到達/明日7月20日は同投手の命日

配信:2017年07月19日(水)16時26分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:カープ , 特集 , 津田恒実 , 津田大毅 ,


【カープ関連ニュース】
── 広島テレビの番組「テレビ派」は18日、故・津田恒実投手の記念館設立を目指す息子・津田大毅さんの特集を放送。
“炎のストッパー”を忘れない
記念館設立へ

昨日、JR広島駅に降り立った津田大毅さん。カープの元投手・津田恒実さんの一人息子です。





津田大毅さん
:1か月半ぶりに広島に来ました。今後の活動についてお伝えできればと思います。





津田恒実さんは1981年にカープに入団。1986年から抑えに転向すると、持ち前の速球で最優秀救援投手に輝くなど「炎のストッパー」と呼ばれました。





しかし、脳腫瘍を患い、32歳の若さで亡くなりました。





当時まだ4歳だった長男の大毅さんには、父親の記憶はほとんどないといいます。





それでも成長と共に、父の背中を追うように大学まで野球を続けました。





一方で、“津田恒実の息子”と呼ばれる事は重荷でもありました。





津田大毅さん:父に対しての劣等感というか、津田恒実の息子が…仕事も中途半端でしたし、野球も中途半端に終わってしまったところもあるので、そういうところでずっと逃げてきた部分もあるんですけど。





津田大毅さん
:27~28年間逃げてきて、結局何も残らなかったので。ここにきてやっと(父の存在と)向き合うことが出来ました。





“弱気は最大の敵”



津田投手が残した名言は今も受け継がれています。



もう一度マウンドに上がる日を夢見た父親のことを伝えていきたい。その思いが記念館設立を決意させました。

津田大毅さん:私より下の世代の人は、津田恒実を知らない人がだいぶ増えてきているので、世代を問わず、津田恒実や当時の選手について語れる場にしたいと思っています。





資金集めはインターネットで呼びかけるクラウドファンディングを利用しています。





先月から始め、既に2000万円近い募金が集まりました。





さらに大毅さんは自転車で日本1周を目指しながら、全国のファンにも協力を呼び掛けています。





津田大毅さん:北は北海道から南は沖縄まで、全国に津田恒実のファンの方がいるんだなと。






大毅さんを後押しするのはファンだけではありません。





この日集まったのは津田さんの物語を語り続ける山田雅人さんや、カープOB陣。大毅さんは改めて記念館設立への想いを伝えました。





津田大毅さん
:シーズン中でしたら、皆様にご協力いただいて、例えば解説をしていただきながらとか。






大野豊さん
:そういう風なことをしていかないと、ただ見てもらうだけではねぇ。入館料だけでは。






津田大毅さん
:ちょっとやっていけないと思いますし、野球教室なんかも。


長内孝さん
:そういうのだったらなんぼでも。





池谷公二郎さん:皆さんに津田をいつまでも覚えておいてもらうというのはいいことだと思いますよ。





池谷公二郎さん:成功してほしいですけど、慎重に進んでほしいですね。





津田大毅さん:また一段と身が引き締まるというか、できるだけ長くできるように、いろいろな方々と協力しながらやらせていただければと。






広島で生き続ける「炎のストッパー」

大毅さんは、1年後の津田恒実さんの命日・7月20日の記念館オープンを目指しているということです。




── 広島テレビ「テレビ派」(18日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR