正田耕三の脚に眠る不屈のドラマ《前編》/左脚は複雑骨折、右脚は靱帯損傷=プロ野球・広島 [2014.06.08]


【カープ関連特集】
── 広島ホームテレビの番組「鯉のはなシアター」は12日、カープの走る野球を牽引したある名選手の不屈のドラマを放送。
盗塁王の脚に眠る
不屈のドラマ


1989年シーズン中盤(10月15日)




この日、その男は1試合6盗塁の離れ業をやってのける。球史に残る大逆転で盗塁王の座を奪った。




その男の名は正田耕三。




身長170センチと小柄でありながら、走攻守でタイトルを総なめにした赤ヘル野球の申し子だった。




そんな正田の代名詞である脚には、二度と野球が出来なくなるほどのアクシデントと、そこから這い上がってきた不屈の秘話が眠っていた。

1962年、和歌山で産声を上げた少年は類稀なる運動神経の持ち主だった。小学3年生で地元の強豪少年野球チームに入団。上級生を押しのけて一番ショートに座り、中学に進学しても1年生からレギュラー。

誰の目にも正田の野球人生は順風満帆に映っていた。しかし、それは正田が中学2年生の時、チームが近畿大会で優勝し、全国大会のキップを手にしたその翌日に起こった。

掃除の時間、友人の帽子を取ろうと校舎の窓から乗り出した正田は過って転落。校舎の3階から地面に叩きつけられた。




幸い命は取り留めたものの左脚は複雑骨折、右脚は靱帯損傷、特に左脚は骨が飛び出すほどの重傷だった。




現場に駆けつけた当時のチームメイトはこう振り返る。

当時のチームメイト:私らは何人かで運動場で遊んでまして、その時に「3階から人が落ちた」と聞いて、見に行ったら正田でした。脚の骨が折れているというより突き出てるんですよね。

突然の野球人生の暗転だった。


── 広島ホームテレビ「鯉のはなシアター」(4月12日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
《前編》《後編》

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【カープ】12球団で最もノックが上手い玉木朋孝コーチ、ドラ4・韮澤の守備を高評価「捉え方が上手」 Feb 25, 2020
「チケットぴあ」でカープ公式戦チケット最速抽選販売の当落結果が発表… Feb 25, 2020
【プロ野球】巨人、2/29~3/1に行うヤクルト戦を無観客試合にすると発表[新型コロナ問題] Feb 25, 2020
【カープ】緊急降板の中村恭平は「右腹直筋損傷」 Feb 25, 2020
【新型コロナ】プロ野球12球団、明日26日にオープン戦の開催可否について話し合い Feb 25, 2020

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
1位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR