【特設記事】 カープ戦中継の放送予定と試合日程[1軍][2軍] | 順位表 | 公示 | 写真集・レポート一覧 | 遠征記録 | カープ関連特集・特番の放送予定 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | 現役引退・退団選手の進路 | ドラフト2017~交渉権を獲得した選手 | 契約更改 | 世代別選手一覧表 |

[2014.03.30] 広島 0 - 6 中日 (ナゴヤドーム)/3月勝ち越し!首位ターン=プロ野球・試合結果

配信:2014年03月30日(日)20時53分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:

30日、中日ドラゴンズとのセントラルリーグ公式戦がナゴヤドームで行われました。広島の先発はバリントン投手。中日の先発はカブレラ投手。

試合は中日のカブレラ投手の前に打線が沈黙し、0対6で敗れました。しかし、チームは3月の勝ち越しを決め、巨人と同率での首位ターンとなりました。
  • 投手陣

先発のバリントン投手は6回まで不運な1失点のみと粘りの投球を続けていましたが、7回には不可解な判定で四球を与えると気持ちが切れた様子を見せ、タイムリーを浴び死球を与えるなど崩れて7回を3失点。

負け投手にはなってしまいましたが、3年で31勝を上げたバリントン投手は今年も健在で安心できるものでした。

7回裏に2番手として登板した西原圭大投手は、回跨ぎとなった8回に浮いた球をことごとく痛打され、1アウトも取れないまま3失点で降板。疲労も考えられないだけに不安が残る内容。


  • 野手陣

先発のカブレラ投手ら中日の投手陣の前にチームは3回以降無安打。注目のプロ初スタメンの田中広輔選手も無安打。サードの守備では二つの併殺に参加し完成させましたが、送球面に不安が残りました。


球審木内
塁審小林和
飯塚
笠原
最近の記事