【特設記事】 日程表(2017年11月) | 放送予定ファン感謝デー優勝パレード] | 契約更改 | ドラフト2017~交渉権を獲得した選手 | 今年最も話題を集めた選手 | 公示 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | イベントレポート | 応援の旅(遠征記録) | 必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】“チーム一丸”悲願の日本一へ!菊池涼介の覚悟/心優しく仲間想い~とにかくチームを大切にする男

配信:2017年10月16日(月)12時49分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:カープ , 特集 , 菊池涼介 ,


【カープ選手特集】
── 広島テレビの番組「進め!スポーツ元気丸」は15日、菊池涼介選手の特集を放送。
“チーム一丸”悲願の日本一へ!
菊池涼介の覚悟

菊池:みんなが普段通り気負わずやれば、必ず勝てると信じています。


CSを目前に控え、気持ちを高ぶらせる菊池涼介。





久しぶりの実戦となった練習試合では、9打席に立って5つの四球を含む7度の出塁。



「しっかり球を見る事が出来て良かった」と、痺れる短期決戦に向けて着々と準備を進めています。



菊池:「やってやろう」とか、絶対思う部分はあるんですけど、そういう気持ちよりは、いつも通り、あまり力まず今まで通りやれれば一番ベストだと思います。





黄金時代の到来を感じさせる2年連続のリーグ優勝。次々と新たな力が台頭し、苦しい時も乗り越えて掴んだ歓喜の瞬間でした。





チームの柱の一角として戦い続けた菊池も、大きな手応えを感じています。

菊池:勝って当たり前と思われるプレッシャーもありましたけど、去年優勝したことで、各自みんなが自信を持ってやっていけたと思うので、それがまたチームのレベルアップに繋がったと感じました。






9月のヤクルト戦の試合前には松山先輩にヤクルト一気飲みを持ち掛けた菊池。





時には仲間をイジったり、チームが苦しい場面でも持ち前の明るさでベンチの雰囲気を盛り上げ続けました。






しかし、常に向上心を胸に秘めた男は、意外にも苦しみ続けていました。

菊池:去年も苦しかったんですけど、今年も違った意味で苦しかったし、しんどかったし、いろいろあったシーズンです。






《後編開始》

今年も守備で好プレーを連発。リーグ連覇の原動力となった菊池涼介。





最多安打を獲得した去年より苦しかったというものの、不動の2番打者としても繋ぎ役としての活躍が目立ちました。





菊池:結果も出なかったですし、チームに迷惑をかけたところもありますし、そんな中で、後ろに繋げば丸と誠也、新井さんが打ってくれると信じて、バント一つ進塁打一つしっかりやろうと思えました。






菊池:本当にみんなに助けられたシーズンですね。






苦しい時に奮起させてくれたのが、胃がんからの復帰を目指す赤松真人の存在でした。





がんが発覚した時には、赤松から一番最初に連絡をもらったという菊池。闘病中も最も頻繁に連絡を取り合った大好きな先輩の思いも背負い、戦い続けました。





菊池:(闘病中は)苦しいだろうけど、電話をしてちょっと顔が見たかったり、元気付けるでもないですけど、よく連絡をしていましたね。





菊池:あの場(優勝の瞬間)に来て、一緒にビールかけとかが出来たのは、すごく嬉しく思っていますし。





菊池:僕だけではなく、みんなの力で赤松さんを歓喜の場に立たせてあげられたのではないかなと思います。





心優しく仲間想い。とにかくチームを大切にする男はたくさんの思いを背負って今シーズンの最終章に挑みます。





いよいよ18日に始まるCSファイナル。33年ぶりの日本一を目指す戦いが幕を開けます。

菊池:まずはCSで勝たない事には日本一を目指せないので、まずは目の前の戦いを必死で、一生懸命やりたいと思います。




── 広島テレビ「進め!スポーツ元気丸」(15日放送)より
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR