【特設記事】| 試合結果と今後の日程 | 公示 | 故障者情報 | 【特集一覧】カープ選手別リスト | カープ関連イベントのリポート | カープ応援の旅(遠征記録) | カープ必勝祈願の旅 | 世代別選手一覧表&年齢別選手表 |

【カープ】野村祐輔が2軍戦で調整登板/実戦初登板のドラ6・長井を水本2軍監督は評価「しっかりと自分の球で勝負していた」

配信:2017年03月21日(火)21時56分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:広島東洋カープ , carp , ニュース , 野村祐輔 , 長井良太 ,


【カープ関連ニュース】
── 広島テレビの番組「テレビ派」は21日、きょうマツダスタジアムで行われたカープのウエスタン・リーグ地元開幕戦について報道。
ウエスタン地元開幕
野村祐輔 開幕にらみ調整登板

ウエスタン・リーグ地元開幕戦。





平日に駆けつけたファンの注目は、1軍の開幕前に調整で登板する野村祐輔です。





「理想のフォームで投げる事をテーマにした」という今日の登板。

タイガースを相手に、「カットボールが良かった」と立ち上がりの2イニングを連続の三者凡退。3つの三振、24球で仕留めます。





ところが3回、先頭打者にヒットを許すと、1アウト三塁一塁のピンチに。





ここでセンターへの弱い打球がヒットとなり、1点を失います。





「ランナーを一塁に置いての投球は課題だった」と修正ポイントを挙げました。

それでも続く3つのイニングを無失点にまとめた野村。6イニングを投げて98球、被安打4、6奪三振の内容でした。





野村祐輔:まずまずだったと思います。





野村祐輔:(開幕まで)2週間切っているんですよね。

野村祐輔:シーズンに入っても(最初の登板から)調子が上がっていけるように、やっていきたいなと思います。





7回からマウンドに上がったのはドラフト6位ルーキーの長井良太。今日が実戦初登板でした。





その長井は先頭打者(伊藤隼太)にいきなりソロホームランを浴び、プロの洗礼を受けます。






しかし、その後は崩れる事もなくテンポよく打者三人で抑えた長井。






試合後、水本2軍監督も「しっかりと自分の球で勝負していた」と評価しました。





若鯉打線は開幕から3試合で3得点と低調でしたが、今日は7安打で7得点。効率の良い攻めを見せました。





試合は7-2でカープの勝利。地元ファンの前で、ウエスタン・リーグ今シーズン初勝利を飾りました。




── 広島テレビ「テレビ派」(21日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳・一部抜粋
ブログ村
関連記事
ブログロール
最近の記事
QRコード
QR