【特設記事】 日程表(カープ関連イベント等)[1軍][2軍] | カープ関連特集・特番の放送予定 | 写真集・レポート一覧 | 関連チケット発売日 | ドラフト2018 | 順位表 | 公示 | 遠征記録 | 故障者情報 | カープ選手特集の一覧 | 現役引退・退団選手の進路 | 世代別選手一覧表 |

篠田純平の進化 ~ オフに1からフォームを作り直す/結果オーライのアウトはいらない=プロ野球・広島 [2014.05.02]

配信:2014年05月03日(土)10時07分 | カテゴリ:広島東洋カープ | タグ:篠田純平 ,

2日、篠田純平投手の特集がRCCテレビ「RCCニュース6」で放送されました。リポートはRCCの坂上俊次アナウンサー。

「ここまで4試合に登板して2勝1敗。篠田投手の進化の秘密に迫る」

── 画像はRCCテレビ「RCCニュース6」(2日放送)より
  • 首位カープを支える!篠田純平の進化とは?

── 2勝目おめでとうございます。

篠田:ありがとうございます。

2083_02.jpg

── 2つ勝ちがついて、純粋に気持ち的なものはいかがですか?

篠田:嬉しいですよ。昨日だと特に。


昨日とは4月25日の巨人戦。6回と1/3を投げて3失点に抑え、2勝目を挙げた試合だ。

篠田:立ち上がりから自分のリズムで投げれたんじゃないかと。


坂本への1球目。今年から目指すゆったりと足を上げる新フォームで投げられたという。2年前と比べるとフォームの違いは明らかだ。

2083_03.jpg

篠田:勇気はいるが、ブルペンから調整して、いざマウンドに立った時にしっかりできるように。

結果、坂本を3球目でセカンドゴロ。片岡も3球目をショートゴロ。アンダーソンは139キロのストレートで空振り三振に仕留め、わずか11球で三者凡退に打ち取った。


去年4月、ヒザのケガから復活して、1度だけ登板したことがあった。豪腕のイメージから緩急をつけたスタイルに変えたが、10安打を打たれて7失点。簡単に結果は出なかった。

篠田:なかなかうまい方向にいかなかったんで。光が見えてませんでした。


去年のオフに再起をかけた篠田は、一からフォームの改造に取り組んでいた。

篠田:オフから覚悟して練習して、二軍スタートでキャンプを向かえて…。


成果はすぐに現れた。日南キャンプ終盤に一軍に合流できたのだ。その進化したフォームとは。


  • フォームの改造ポイント

1:ゆったりと足を上げ
2:捕手に対してまっすぐのラインで踏み込む
3:投げる左腕をより顔の近くを通す

2083_04.jpg

29歳にして、ストレートの球速が130キロ台半ばから140キロ台へとアップした。激しい競争の中で、紅白戦でも結果を出し、もうマイナーチェンジとは言わせない。これは大きな進化だ。

篠田:ずっと続けてきたことができたのかなと。継続してやっていきたいと思います。


そして、ついに一軍キップを勝ち取った。篠田の開幕ゲームはDeNA戦。勝ち負けは付かなかったが快調に飛ばし、球速の増したストレートで二者連続三振に打ち取るなど、7回を投げて3安打1失点と上々の滑り出しとなった。

篠田:結果オーライのアウトはもういらない。確実に良くなってるんで、あとはしっかりとコースに投げて打者をどう打ち取るか。1球1球に理由を持って投げるようにはしてます。

2083.jpg

先週の巨人戦、3回に3点を取られたものの、4回以降は立ち直った。6回には阿部を併殺に打ち取り2勝目を挙げた。背番号14は譲っても、篠田は逆に輝き始めたのだ。


.手応えは?

篠田:去年、おととしに比べてあるし、競争心を持って1戦1戦大切に挑んで行きたいと思います。


── RCCテレビ「RCCニュース6」(2日放送)より
最近の記事