【試合結果】広島3-6中日(25日・マツダ)/3点を追う9回裏に無茶な本塁突入でゲームセット。球場に動揺が走る



【速報】
── 広島は2回、宇草のタイムリー内野安打で先制。

逆転されて迎えた5回には坂倉のホームランなどで同点に追いつきます。
しかし、同点のまま迎えた8回、3番手の塹江が痛恨の3ランを被弾。

それでも9回に松山と野間のヒットで2アウト二塁一塁のチャンスを作ると、小園もヒットで続いて満塁…と思われましたが、松山がまさかの本塁突入でタッチアウト。

なぜ3点差で突っ込む必要があったのか、マツダスタジアムは誇張抜きで異様なムードのまま試合が終了しました。







先発の玉村は5回3失点ながら、そのうちの2点については一塁線を抜かれてライトがクッションボールの処理に大きく手間取った中でのもの。

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【順位表】カープ、最後の戦いへ(2021年10月20日) Oct 20, 2021
カープファン・岸田文雄さんが広島凱旋。横川駅で応援演説 Oct 20, 2021
【順位表】カープ、情勢は厳しくなったが希望は残す(2021年10月19日) Oct 19, 2021
【カープ】現役引退・退団選手の進路(2021年) Oct 19, 2021
【教育Lの試合結果】広島0-1楽天(19日・天福)/遠藤淳志、5回11奪三振1失点。野間2安打 Oct 19, 2021