【試合結果】オリックス4-0広島(11日・京セラD)/プロ初先発の大道、5回ノーヒット0封の好投



【速報】
── 広島の先発は、プロ初先発となったドラフト3位ルーキー・大道温貴。

一方、オリックスの先発は球界を代表する投手である山本由伸。
試合は共に22歳の若武者達が一歩も譲らず、大道は5回までオリックス打線をノーヒットに抑え、山本は広島打線を完全に押さえ込むという展開。

ただ、先発としての調整を満足に行なっていないと推測される大道は、無失点ながら5回84球で降板。

また、押さえ込まれていた広島打線は8回、鈴木誠也が初ヒットを放ち、山本による完全試合達成は阻止。しかし、リリーフ陣が打たれた広島が0-4で零封負けを喫しています。


大道温貴 山本由伸

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【カープ】急遽登板で無失点記録が途切れた栗林投手について上原浩治さん「難しかっただろうなぁ」 Jun 13, 2021
【カープ】ドラフト候補・有望選手一覧(2021年版) Jun 13, 2021
【明日の予告先発】[広島]薮田和樹[西武]與座海人(18時開始予定・マツダ) Jun 13, 2021
【順位表】4月末から6週連続で週間1勝だったカープ、7週目は0勝。古参ファンも未経験の次元に突入する可能性 Jun 13, 2021
【カープ】佐々岡政権下での月間チーム成績(2020~) Jun 13, 2021

QRコード

QR