【試合結果】広島3-7日本ハム(1日・マツダ)/林晃汰・中村奨成・田中広輔がタイムリーを放つ



【速報】
── 広島の先発は5月18日以来の登板となる大瀬良。その大瀬良は初回、味方の記録に残らない拙守に足を引っ張られた点を考慮しても、エースらしからぬピッチングで3失点。

(右腓腹筋挫傷)離脱から状態が回復しているようには見えない大瀬良は4回6失点で降板となった。
一方の打線は、6点を追う4回に林のタイムリーで1点を返すと、7回には野間の出塁から中村奨成と田中広輔のタイムリーで2得点。

若手の躍動に加えて、松山竜平のフェンス際を怖がらない守備など、試合終了まで期待感を持ち続けられる野球は見せてくれたが、結果は3-7だった。



大瀬良大地 林晃汰

中村奨成

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

水本ヘッド・梵打撃コーチ体制のオリックスが25年ぶりにリーグ優勝 Oct 27, 2021
【カープ】現在の先発ローテと今後の予想先発(2021年版)[随時更新] Oct 27, 2021
【カープ】佐々岡真司監督、来季も続投 Oct 27, 2021
【カープ】現役引退・退団選手の進路(2021年) Oct 27, 2021
【教育Lのスタメン】広島-ロッテ(27日・天福)[試合開始予定時刻:12時30分] Oct 27, 2021