アパグループ、ズムスタ近くにもホテル開発用地取得「広島駅スタジアム口」



【速報】
── アパホテルを展開する総合都市開発「アパグループ」は13日、広島市南区荒神町にホテル開発用地を取得したと発表。取得会社はアパホーム株式会社。
案件地は、広島駅及びマツダスタジアムに徒歩4分の立地となっており、ホテル名を「(仮称)アパホテル〈広島駅スタジアム口〉」(14階建・全242室)とし、2024年秋の開業を目指すとしている。



用地広島県広島市南区荒神町1-2他(608.10㎡)



アパホテルは、8月にも広島駅前にタワーホテル開発用地を取得しており、これで広島市内4棟目の展開となる。


「広島駅スタジアム口」では、隣り合うシングルルーム同士を必要に応じて繋げることができる「シングル-シングルコネクトツインルーム」が標準として配され、平日のビジネス需要、週末の観光需要、この先のインバウンド需要にも対応していく。






── プレスリリース「アパホテルズ&リゾーツ

安芸の者がゆく@カープ情報ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【動画】カープ春季日南キャンプ2日目。まさかの展開 Feb 02, 2023
【カープ】キャンプ2日目、新ビジターユニフォームを選手が着用。屋外で見た結果… Feb 02, 2023
上原浩治さんがカープのキャンプ地を訪問。新井監督と歓談 Feb 02, 2023
【トピックス】今日のカープ(随時追加更新) Feb 02, 2023
アシックスジャパン、カープの森下暢仁投手とアドバイザリースタッフ契約を締結 Feb 01, 2023