【カープ】栗林ら金メダリスト4選手が紫綬褒章を受章



【速報】
── カープ球団は2日、東京2020オリンピックにおいて金メダルを獲得した森下暢仁・栗林良吏・菊池涼介・鈴木誠也の4選手について、紫綬褒章を受章したと発表。
紫綬褒章は、科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術文化分野における優れた業績を挙げた人に贈られるもの。

授章した栗林投手は「コロナ禍で開催することも難しい環境の中、多くの人のおかげで開催することができた東京オリンピックで、紫綬褒章をいただくことができ、大変嬉しく思います。 これからも、たくさんの人に勇気と感動を与えるために努力をし、明るい話題を提供出来るよう頑張っていきます」とコメントしています。


── SOURCE:「カープ球団

安芸の者がゆく@カープ情報ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【カープ】契約更改情報/来季推定年俸[随時更新] Dec 06, 2022
【写真集】超プロ野球ULTRA(2022年12月5日開催) Dec 06, 2022
【トピックス】今日のカープ(随時追加更新) Dec 06, 2022
【カープ】右足関節骨折からの復帰を目指す床田寛樹「少しずつ良くなってきている」 Dec 06, 2022
【特番情報】「超プロ野球ULTRA」(読売テレビ・日テレ系全国ネット) Dec 05, 2022