【カープ】9回の床田続投について佐々岡監督「『行かせてくれ』という強い気持ちがあった」



【試合結果】広島2-0巨人
(21日・マツダ)── 試合後、佐々岡真司監督のコメント。
試合後のインタビュー
佐々岡真司
(監督)

9回、センター・上本崇司が強烈な打球をダイビングキャッチ

佐々岡監督:ビッグプレーですね。あの場面(僅差)で、あのプレーですから。競ったゲームの中で、床田にも勇気を与えるプレーだったと思います。





2点リードの9回、準備させていた栗林ではなく床田続投。結果はプロ初完封


佐々岡監督
:9回は栗林という選択があった中、床田の気合の入った顔を見たら「行かせてくれ」という強い気持ちがあったので、行かせました。





6回、鈴木誠也と坂倉将吾がタイムリーを放つ


佐々岡監督:床田が頑張っていた中、早く先制点が欲しかったんですけど、3番の龍馬が繋いで、4番の誠也が打ってくれた。その後の坂倉も調子落としていますけど2点目を取ってくれて、それが大きかったですね。



── 広島テレビ「広テレ!完全カープ主義 プロ野球中継」(21日放送)

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【順位表】カープ、最後の戦いへ(2021年10月20日) Oct 20, 2021
カープファン・岸田文雄さんが広島凱旋。横川駅で応援演説 Oct 20, 2021
【順位表】カープ、情勢は厳しくなったが希望は残す(2021年10月19日) Oct 19, 2021
【カープ】現役引退・退団選手の進路(2021年) Oct 19, 2021
【教育Lの試合結果】広島0-1楽天(19日・天福)/遠藤淳志、5回11奪三振1失点。野間2安打 Oct 19, 2021