【カープ】9日の9回の攻撃について川口和久さん「ベンチが責任を取るという野球をしないと」



【カープ関連特集】
── カープなどでプレーした川口和久さんが10日、RCCラジオの番組「それ聴け!Veryカープ!」に出演し、カープの首脳陣に苦言を呈しました。
RCCラジオ
それ聴け!Veryカープ!
(10日放送)

川口:チームが勝つためには、7回以降は監督とヘッドコーチが主導して野球をやるのが一番いいんですよ。

川口:序盤は選手がペンを持って絵を描いて、終盤は監督とコーチが(勝つための)絵を描けばいいわけです。

川口:これなら負けた時に選手に責任がいかない。ベンチが責任を取るという野球をしないと。

川口:ベンチの失敗で負けたなら選手に謝ればいい。「我々の戦略が間違っていたから、今日から切り替えてやろうね」と。

川口:チームで戦うんだから個人責任の追及は絶対にしてはいけない。


川口:特に9日の試合、(中日の抑え)マルティネスが出てきたところで、羽月がヒットを打って、松山が繋いで、1アウト二塁一塁になりましたよね。

川口
:そこで鈴木誠也がノースリー(スリーボールナッシング)からフライを打ち上げたでしょ。なんで「待て」を出さないの?

── 鈴木選手だからじゃないですか?今までも打ってきましたし。

川口:それで(凡退したら)鈴木誠也が責任を感じるわけですよ。これがダメなんですよ!!!

川口:こういう野球を9回にやっていたら負けるんですよ。

川口:この場面にベンチが「待て」を出した上で凡退したならOKなんです。ベンチがのほほんと野球を見ているのではなくてね。

川口:あの時はボールが先行していましたし、「1球待て」を出した結果が四球となっていたらマルティネスも動揺してたでしょ。

川口:それを鈴木誠也が相手ピッチャーを助けたんです。だからアレは鈴木誠也が責任を感じていると思うし、アレはベンチが責任を負ってあげないといけない。

川口:鈴木誠也任せにしていること自体がダメだと思います。



── RCCラジオ「それ聴け!Veryカープ!」(10日放送)[毎週月曜17:46]より

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【教育Lのスタメン】広島-ロッテ(27日・天福)[試合開始予定時刻:12時30分] Oct 27, 2021
【カープ】2021年のファン感謝デーも球場開催は取り止め。11月23日(火・祝)に特別番組放送 Oct 27, 2021
「第18回 みやざきフェニックス・リーグ」カープ選手の成績 Oct 27, 2021
【順位表】ヤクルトが2年連続最下位から優勝。6年ぶりとなるリーグ制覇(2021年10月26日) Oct 26, 2021
【楽天】下水流昂選手(33)が戦力構想外 Oct 26, 2021