【新刊情報】「眼力 カープスカウト 時代を貫く"惚れる力"」(著:坂上俊次)



【速報】
── 「眼力 カープスカウト 時代を貫く"惚れる力"」(著:坂上俊次)が、2022年3月30日(水)に発売。
眼力
カープスカウト
時代を貫く"惚れる力"
著者坂上俊次
発売日2022年3月30日(水)
内容紹介カープ一筋58年、スカウト歴45年目の球界最年長スカウト・苑田聡彦氏(77歳)

苑田スカウトは黒田博樹・金本知憲らを発掘したことで知られる。

前作に続き「苑田聡彦氏のスカウト人生と仕事術」を基本のテーマとしながら、苑田イズムを受け継ぐ若手スカウトの奮闘記も新たに盛り込む。

執筆は前作同様、長年カープの取材を続ける中国放送アナウンサーの坂上俊次氏。

第二弾目となる「眼力」では

[1]カープドラフト10年史
[2]若手スカウトたちに継承される、苑田イズム

この2つのテーマで構成。

前半のテーマ「カープドラフト10年」では、2012年から2021年ドラフトまで、リーグ3連覇、コロナ禍と激動の期間におけるカープスカウトの奔走ぶりなど最新エピソードが綴られる。

また、3名の若手スカウトを、坂上俊次が新規取材。

・松本有史スカウト
・尾形佳紀スカウト
・鞘師智也スカウト

後半のテーマ「カープスカウトたちに継承される、苑田イズム」では、45年間という長きにわたりスカウト活動を続ける、苑田スカウトの仕事術を中心に、黒田博樹、金本知憲などレジェンド選手の獲得秘話も。

「カープはどのような目線でスカウトしているのか」「なぜ無名の原石を発掘できるのか」「苑田スカウトの『選手に惚れ抜け』という考えがいかに若手スカウトに浸透しているか」を読み取ることができる1冊となっている。
編集広島アスリートマガジン編集部
出版社サンフィールド


眼力 カープスカウト 時代を貫く"惚れる力"

安芸の者がゆく@カープ情報ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【トピックス】今日のカープ(随時追加更新) Oct 07, 2022
【カープ】西川龍馬選手がブログを更新「来年もしっかりプレー出来るように」「これからも応援宜しくお願いします」 Oct 07, 2022
【カープ】新井貴浩さん、監督就任報道後初の野球解説は10月8日。セCS初戦 Oct 07, 2022
【カープ】新井貴浩監督が誕生へ Oct 07, 2022
【カープ】次期監督候補に関する報道のまとめ Oct 06, 2022