世界に挑んできた赤ヘル戦士達/川口投手がオリオールズを10奪三振完封~高橋慶彦=プロ野球・広島 [2014.11.11]


【カープ関連特集】── 広島テレビの番組「テレビ派 1部」は10日、日米野球開催を前に、世界に挑んできた赤ヘル戦士達の勇姿を紹介。
世界に挑んできた
赤ヘル戦士たち

かつてカープの黄金時代を築いた選手達も日米野球で世界に挑んでいるということで、広島テレビに映像がありましたのでご覧頂きましょう。



■ 川口和久





── こちらは1984年です。川口和久投手、1984年に前年のワールドチャンピオンのオリオールズと対戦。世界一の打線に対して10奪三振を奪う力投を見せ、この試合で完封勝利。


池谷:これは覚えてますよ。メジャーをキリキリ舞いといいましょうか、10奪三振ですから。





── 今度は1981年、広島市民球場でロイヤルズと対戦。




■ 高橋慶彦

高橋慶彦選手がメジャーを相手に赤ヘル野球でかき回しました。





■ 池谷公二郎

── そして我等が池谷さんも、この試合に登板しております。覚えてらっしゃいますか?


池谷:覚えてます。



── ドカーン(とホームランを被弾)





池谷:別にコレを出さなくても(笑)


── たまたまこれしか残ってなかったんです(笑)



池谷:打ったバッター誰か知ってます?

── ジョージ・ブレット。


池谷:すごい打者なんですよ。そのすごい打者にストレートがどれぐらい通じるかと思いまして。

── この対戦は全てストレートで挑んでいったんですよね。

池谷:見事に打ち返されましたね。



── ジョージ・ブレットさん、去年はロイヤルズのコーチをやって、今年は球団副社長されて、ロイヤルズは今シーズンはリーグ優勝と。

池谷:そんなに偉くなってるんですね。


池谷:ただ、羨ましいのは僕達の頃は全部自分達のチームのユニフォームじゃないですか、今度は侍ジャパンとして戦うんですから。胸にジャパンがついているということは、やはり良い試合をしないと、ということになってきますよね。


── 胸にジャパンを抱いて頑張ってほしいと思います。


── 広島テレビ「テレビ派 1部」(10日放送)より

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【カープ】現在の先発ローテ(2021年版)[随時更新] May 06, 2021
【2軍の試合結果】ソフトバンク4-1広島(6日・タマスタ筑後)/矢崎拓也6回4失点。遠藤淳志1回0封 May 06, 2021
【2軍の試合経過詳細】ソフトバンク-広島(6日・タマスタ筑後)[試合開始予定時刻:13時00分] May 06, 2021
【今日の2軍戦スタメン】ソフトバンク-広島(6日・タマスタ筑後)[試合開始予定時刻:13時00分] May 06, 2021
【2軍の試合結果】ソフトバンク9-7広島(5日・タマスタ筑後)/3回までに11与四死球8失点。林が満塁弾 May 05, 2021

QRコード

QR