【カープ】23日に103球を投げた森下暢仁、中2日でオールスターに登板。回跨ぎさせられる事態



【試合結果】全パ3-2全セ
(26日・福岡)── 「マイナビオールスターゲーム2022」第1戦、カープの森下暢仁が8回から登板。9回にサヨナラ弾を浴びて敗戦投手となった。
森下は23日に先発として103球を投げており、中2日でのオールスター登板。回跨ぎの結果、29球を投げる事態となっており、今後のローテに影響が出る可能性もある。

なお、全セの監督はスワローズの高津臣吾監督で、同チームの高橋奎二(中5日で登板)は1イニングしか投げなかった事から、SNS上では高津監督が大炎上する事態となっている。


森下は2021年のオールスター(原監督)でも中2日で登板して2イニングを投げている。ただ、この年はファン投票1位での選出。オールスター後は東京オリンピックが行われており、補充選手として緊急招集された今回とは状況が異なる。

安芸の者がゆく@カープ情報ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【トピックス】今日のカープ(随時追加更新) Aug 19, 2022
【今日のスタメン・放送予定】DeNA-広島(19日・横浜)[開始予定時刻:18時00分] Aug 19, 2022
【カープ関連公示】[登録]玉村昇悟(2022年8月19日) Aug 19, 2022
【2軍戦のスタメン】カープ2軍-伯和V(19日・JR西G)[開始予定時刻:8時30分] Aug 19, 2022
【カープ】新型コロナ陽性で離脱の小園海斗「もう熱も下がり元気です」 Aug 18, 2022