【カープ】木下富雄さん、栗林について「(7月8日の)試合が終わった時にいつもと違う感じがした」



【カープ関連ニュース】
── カープOB・木下富雄さんが10日、広島ホームテレビの情報番組「フロントドア」に出演し、栗林良吏投手から感じた異変について語りました。
広島ホームテレビ
フロントドア
(10日放送)

栗林、7月7日は同点の場面で登板し、7月8日はセーブシチュエーションで登板。7月9日はセーブシチュエーションだったものの3連投となるので温存。結果的にフランスアが打たれてサヨナラ負け

木下富雄:栗林とコルニエルは連投して多めに球を投げていたのでフランスアがいったと。

木下富雄
:でも、その前のセーブがついた試合(7/8)、試合が終わった時の栗林はいつもと違う感じがしたんですよ。

木下富雄
:僕の思い違いであればいいんですけど、ひょっとしたらどこか痛めたのかなと。僕は感じました。

木下富雄
:思い違いであってほしいですし、今日投げて抑えてくれればそれがベスト。




7月9日に栗林を休ませた首脳陣の判断について


木下富雄
:新人ですし、まだ身体の強さも分からないですから



── 広島ホームテレビ「フロントドア」(10日放送)[土曜13:00]より

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

安仁屋宗八さん、年内にカープOB会長を退任。後任に大野豊さん Dec 09, 2021
【明日のカープ】新入団選手発表記者会見 Dec 09, 2021
【カープ】戸田隆矢・行木俊の2投手と育成契約を締結 Dec 09, 2021
【契約更改】カープ選手の来季推定年俸一覧[随時更新] Dec 09, 2021
【カープ】床田寛樹さん「もう少しで結婚式」 Dec 09, 2021