【カープ】遠藤淳志投手がオフシーズンに追求したもの「一番は制球力」



【カープ選手特集】
── 広島ホームテレビの情報番組「フロントドア」は、30日の放送回でカープ・遠藤淳志投手を特集。
遠藤淳志
去年の悔しさを糧に求めたもの

(HOME「フロントドア」)

キャンプイン直前、現在の状態


遠藤
:順調に来ていると思います。体重は1キロから2キロぐらい増えました。





オフシーズンに追求したもの


遠藤:一番は制球力ですかね。制球力の為にフォームを安定させる。その為にどうしたらいいのか、考えながらやっていました。

遠藤:今やっているのは、胸の開きというか、“しなり”

遠藤:胸を開いて、柔らかく使う動きを意識してやっています。



── 胸を開くことで、どういうプラス面が出てくるんですか?

遠藤
:中村祐太さんにキャッチボールの時から丁寧に教えてもらったんですけど、しっかり腕をしならせたら、(身体より腕が)遅れて出てきて、バッターにとっては打ち辛いボールになるのではないかなと。

遠藤:そういった中で、工夫をしながらキャッチボールから取り組んでいます。

遠藤:コントロールがバラけてしまっていたのが、この自主トレ期間で、(ブルペンで)投げた感じでは悪くなかったですし、いい感じにまとまっているので。

遠藤
:あとはボールの質だったりを、これからもっと上げていければいいかなと思います。




2020年シーズンを振り返り


遠藤:大きな1年だったと思いますし、投げさせてもらった立場ですけど、本当にたくさんの事を経験させてもらいました。

遠藤:いろんな先輩方からも吸収しましたし、いい経験をどんどん積んでいって、もっと良いところで、もっと上でやれればいいかなと思いました。



── 自信になりましたか?それとも悔しさが大きかったですか?

遠藤:僕は悔しさの方が大きかったですね。なかなかうまくいかなかったので、歯がゆさだったり、いろんな思いがありました。

遠藤
:その思いを今シーズンにぶつけてやろうかなと思います。





新たな挑戦が始まる


遠藤:もっと結果を出せるように、(キャンプでは)初日からアピールして、全力でやれればいいかなと思います。

遠藤
:二桁勝利を目指して、去年の経験を生かして無駄にせず、シーズンを通して活躍して、チームの勝利に貢献するのが一番の恩返しだと思うので。

遠藤:リーグ優勝、日本一に貢献できるように頑張っていきたいと思います。


── 広島ホームテレビ「フロントドア」(30日放送)[土曜13:00]より

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【2021年3月】カープ2軍の日程 Mar 07, 2021
【カープ】オープン戦2戦目を観に行った感想+写真集。栗林・森浦・大道がマツダデビュー Mar 07, 2021
【カープ】ケビン・クロン、ファン待望のホームランを放つ。鈴木誠也と抱擁 Mar 07, 2021
【試合結果】広島2-0ヤクルト(7日・マツダ)/クロンがオープン戦チーム第1号弾を放つ。森下4回パーフェクト Mar 07, 2021
【今日のスタメン】広島-ヤクルト(7日・マツダ)[開始予定時刻:13時] Mar 07, 2021

QRコード

QR