フタバ図書、同名の新会社に事業譲渡。TSUTAYAフランチャイズ加盟



【広島のニュース】
── 広島県を中心に複数店舗を展開する書店チェーン「フタバ図書」は、3月1日付で「ふるさと連携応援ファンド投資事業有限責任組合」が設立する新会社に、同社グループの事業を譲渡すると発表。
新会社には、ふるさと連携応援ファンド投資事業有限責任組合を中心に、日本出版販売株式会社、TSUTAYA、もみじ銀行、エディオン、広島マツダが共同出資。「フタバ図書」の商号は続用される。

また、TSUTAYAとフタバ図書は、書籍事業およびレンタル事業を包括したTSUTAYAフランチャイズ加盟契約を締結する。


大正2年創業で、広島人の心の故郷ともいえる「フタバ図書」は、同名の新会社で存続することとなる。



── SOURCE:「フタバ図書」「株式会社蔦屋書店

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【明日のカープ】坂倉将吾選手が契約更改 Dec 07, 2021
【特番情報】「リポビタンスペシャル 超プロ野球ULTRA」(読売テレビ・日テレ系全国) Dec 06, 2021
【カープ】會澤翼選手、日本プロ野球選手会(労働組合)の第10代会長に選出 Dec 06, 2021
【カープ】鈴木誠也、インスタでレッドソックスをフォロー Dec 06, 2021
【カープ】年末年始・新春特番の一覧(2021年シーズンオフ) Dec 06, 2021