【カープ】田中法彦投手がウエスタン・リーグで最多セーブのタイトルを獲得



【カープ2軍情報】
── 1日、ウエスタン・リーグの全日程が終了し、2020年度の個人タイトル獲得選手が発表。

カープからは田中法彦投手(高卒2年目)が最多セーブのタイトルを獲得した。
今季、ウエスタン・リーグで25試合に登板した田中投手は1勝1敗12セーブ、防御率1.73という成績を残し、シーズン終盤の10月16日には1軍に昇格。

1軍では2試合に登板して計2イニングを無失点。現在も1軍に登録されている。

なお、タイトル獲得とはならなかったが、小園海斗選手は安打数部門で1位、打率部門で2位。林晃汰選手は本塁打数部門と打点部門で2位だった。

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【中止】広島-DeNA(17日・マツダ) Sep 17, 2021
【カープ】「鬼滅の刃コラボユニフォーム」通信販売限定で受注生産 Sep 16, 2021
【明日の予告先発】[広島]大瀬良大地[DeNA]宮國椋丞(18時開始予定・マツダ) Sep 16, 2021
「マイナビオールスターゲーム2022」第1戦の開催球場は福岡PayPayドーム Sep 16, 2021
カープ球団承認のキャンピングカー「ホビクル・カープ仕様車」が発売 Sep 16, 2021

QRコード

QR