安倍昌彦さんはカープのドラフト1位指名を栗林良吏投手(トヨタ)と予想



【カープ関連ニュース】
── 「流しのブルペンキャッチャー」ことスポーツライター・安倍昌彦さんが23日、広島のローカル特番「カープ県民大会議」(NHK)に出演し、カープが今年のドラフトで指名するであろう選手を予想。
安倍さんが1人で12球団のドラフト1位を予想するコーナーで、カープの1位指名として栗林良吏投手(トヨタ)の名前を挙げたもので、実際に栗林投手の球を受けた安倍さんは「狙ったところに75%決められるコントロール。なにより負けじ魂を持っている。勝てる投手という要素がある」と評しています。

外れ1位としては木澤尚文投手(慶大)、入江大生投手(明大)

また、カープの懸念材料の一つとなっているサードについては、右の長距離砲で今年の夏はサードを守った井上朋也選手(花咲徳栄)をドラフト2位級(3位では残っていない可能性が高い)として推薦しています。


【関連記事】

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【カープ】東出コーチ、正隨の成長について「打席を重ねるごとに良い失敗ができるようになってきた」 Sep 22, 2021
【カープ】今日の順位表(2021年9月21日) Sep 21, 2021
【カープ】今日のヒーローは床田&鈴木誠也。9回のマウンドについて「最後、絶対に締めようと思って」 Sep 21, 2021
【カープ】9回の床田続投について佐々岡監督「『行かせてくれ』という強い気持ちがあった」 Sep 21, 2021
【試合結果】広島2-0巨人(21日・マツダ)/床田がプロ初完封。クリス・ジョンソンの後を継ぐ者 Sep 21, 2021

QRコード

QR