広島大学の研究グループ、「波長222nm紫外線」が新型コロナウイルスを不活化する効果を発見/有人環境下で使用可能



【広島のニュース】
── 広島大学は5日、広島大学病院 感染症科 大毛宏喜教授、ならびに同大学大学院 医系科学研究科ウイルス学 坂口剛正教授グループにより進められていた、中心波長222nm紫外線による新型コロナウイルス不活化効果を世界に先駆けて明らかにしたと発表。
実験にはウシオ電機株式会社の紫外線照射装置「Care222」が用いられ、プラスチック上の乾燥した環境において、照度0.1mW/cm2の222nm紫外線を10秒間照射で88.5%、30秒間照射で99.7%の新型コロナウイルス不活化が確認された。

波長222nm紫外線は、一般的に殺菌などに使用されている波長254nm紫外線と比較して人の目や皮膚に安全とされており、新型コロナウイルス感染症に対する感染対策への応用が期待される。


── SOURCE:「広島大学

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【今日のカープ】練習再開。選手紹介映像の撮影も行われる Mar 03, 2021
カープ戦チケット発売日一覧(2021年版) Mar 03, 2021
【カープ】緒方孝市『赤の継承』発売記念トークショー、3月13日(土)に広島駅南口地下広場で開催 Mar 03, 2021
【カープ】ケガ人・復帰者情報一覧[2021] Mar 02, 2021
3月9日(火)に『アサヒスーパードライ がんばれ!広島東洋カープ缶』が発売 Mar 02, 2021

QRコード

QR