【カープ】中崎翔太投手の転換点はプロ初セーブを挙げた2014年7月23日のヤクルト戦



【カープ選手特集】
── 広島テレビの情報番組「進め!スポーツ元気丸」は24日、「中崎翔太“きっかけ掴んだ”ターニングポイント」と題した特集を放送。
中崎翔太“きっかけ掴んだ”
ターニングポイント

中崎投手は2010年にドラフト6位でカープに入団。3年目の2013年にはプロ初勝利を挙げながらも、先発としては11試合に登板して1勝7敗と結果は残せなかった。

中崎:その当時、その前からもですけど、自分ではそうしているつもりがなくても、周りからは『コントロールを気にしていた』とか『打たれるのを怖がっていた』とか、縮こまって投げているように見えていたと思います。





転機となったのは2014年7月23日に神宮球場で行われたヤクルト戦。もつれた試合は延長戦に突入も、11回表にカープが勝ち越し。その裏、ベンチに残っている投手は中崎投手と池ノ内投手の二人だった。

中崎:あそこの登板が僕じゃなかったら、その後の僕もなかったと思いますし、数人残ってたブルペン陣の中から、僕を選んでくれたことに対してはすごく感謝しています。





先頭の出塁を許すも後続を打ち取り2アウト。一発が出れば同点の場面。

中崎
:なんとか抑えようという気持ちはありましたけど、『打たれたらどうしよう』という気持ちもありました。





山田哲人選手をセンターフライに打ち取り試合終了。不安に打ち勝ちプロ初セーブを挙げた。

中崎:気持ちを乗せて、強い球を意識して投げれば、ある程度抑えられるというのも分かりましたし、そういうのをその後に繋げていけたかなと思います。





この年は32試合に登板。2016年以降は守護神として球団史上初の3年連続胴上げ投手となり、通算100セーブも達成。2019年は右ヒザの手術を行い、現在も2軍で調整中だが、今シーズンの完全復活を目指す。

中崎:昨年のような結果を出さないように、開幕したらいいパフォーマンスを続けていけるように、今しっかりと練習していければいいかなと思います。




── SOURCE:広島テレビ「進め!スポーツ元気丸」(24日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び要約・意訳

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【試合経過詳細】ヤクルト-広島(2日・神宮)[開始予定時刻:18時] Jul 02, 2020
【今日のカープ戦中継情報・スタメン・スコア】(2日・神宮)[開始予定時刻:18時] Jul 02, 2020
写真集・レポートの一覧(2020年) Jul 02, 2020
【カープ】「広島は屈しない。決して屈しない!」の懸垂幕、地元開幕を前にズムスタにも設置 Jul 02, 2020
6月24日のジャイアンツ対カープ戦、広島では世帯視聴率が43.7%(毎分最高)を記録/個人視聴率は計測史上初の20%超え Jul 02, 2020

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
1位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR