【カープ】2006年に前田智徳さんが語った天才論「やるべきことをやらないと運はついてこない」



【カープ関連特集】
── 広島ホームテレビは16日、カープ特番「勝ちグセ。CatpTV 伝説のインタビューをもう一度」において、2006年に撮影された前田智徳さんのインタビューを再放送。
侍打者
前田智徳が語る天才論

(2006年に撮影されたインタビュー)

天才・前田智徳という評価

前田:そんな事を言われることが理解できないです。

前田:いちいちそんな事に付き合っている暇はないので。

前田:若い時は打って走って守ってという感覚については、無意識の中でやっていました。あまり物事を考える事なく体が動いてくれたというのはあります。

前田:でもそれは訓練の賜物であって、天才とか秀才とか、そういうものは関係ないと思います。

前田:訓練して身についたものが、ゲームの中で無意識の反応として出てくるわけですから。

前田
:若いうちは、体で覚えることが他の人よりも速かったということでしょう。そういうこともあると思いますけどね。




努力の天才


前田:努力することは皆できることですから。天才とか、なんとかではなくて。

前田:(訓練したものを)どうやって身に沁み込ませていくか。

前田:ただ、一生やっても沁み込まない奴もいるし、ちょっとやったら沁み込む奴もいると思うんですよ。

前田:それが天才だと言われるかもしれないですけど、それは天才ではなくて「運」じゃないですか。

前田:努力をしないで諦める奴もいるし、努力をして終わっていく人間もいる。それは運しかないわけですよ。

前田
:でもやらないと始まらないんですよ。

前田
:やった人間はそれなりのものは掴んでますからね。

前田:野球で掴めなくても精神的なものを学んでいって、そういったところで成長していくわけですから。

前田
:ですから「天才」というものはないですよ。努力は皆できるんですから、あとは運ですよ。

前田
:「運がなかったら終わりか」と言われるかもしれないですけど、やらなければ分からないですし、やる人間もいれば、やらない人間もいる。

前田:それが醍醐味というか。

前田:自分も高校時代から、そういうものを信じて練習してきましたし。たまたま運が良くてそれを吸収することができたわけであって。





努力によって運を呼び寄せる


前田
:運の部分は半分はあると思いますけど、やるべきことをやらないと運はついてこないですよ。

前田
:自分で運を呼び寄せる。そのためにやることはやっていかないと。

前田:その為に隙は見せたくないというか。この先、長くはないわけですし、そういった意味ではやる価値は十分にあると思います。





勝負は時の運。努力したものだけが結果を与えられる。そこに持って生まれた才能は介在しない。

2000本安打への意識について

前田:それはありますよ。一つの通過点として設定はしています。

前田:僕の場合はギャンブルみたいなものですよね。

前田:一瞬で決着のつくギャンブルがありますよね。それが僕の場合は1年後か、2年後、3年後にその瞬間があると思って。




── 僕は前田さんが2000本に到達する方に賭けたいです。

前田
:まぁ、それは自分も賭けたいですけど、そこまでのいろんな試練を乗り越えて行かないと、運も寄ってこないですし。



── 広島ホームテレビ「勝ちグセ。CatpTV 伝説のインタビューをもう一度」(16日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び要約・意訳

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

カープからドラフト2位指名を受けた森浦大輔投手「指名を受けた時はとても嬉しかったです」 Oct 26, 2020
ドラフト1位・栗林良吏投手「カープさんに1位指名という評価をして頂けたことは嬉しい」/大学日本代表時に森下投手とチームメイト Oct 26, 2020
【カープ】ドラフト1位指名の栗林良吏投手について佐々岡監督「全てにおいて素晴らしい投手」 Oct 26, 2020
【ドラフト2020】カープが指名した選手の名前の読み方一覧 Oct 26, 2020
【ドラフト2020】カープの育成1位指名は二俣翔一(磐田東高) Oct 26, 2020

QRコード

QR