【カープ】旧市民球場で最後の日本シリーズ開催となった試合のスタメン(1991年10月24日)



【回顧】
── 1991年10月24日(木)、旧広島市民球場で日本シリーズ第5戦が行われ、試合は広島東洋カープが西武ライオンズを3-0で下して勝利。

この試合が旧市民球場での最後の日本シリーズの試合となった。
スタメンには若かりし頃の野村謙二郎、前田智徳が名を連ね、後の正捕手・西山秀二は三塁手として出場。



スコア情報
3回裏
広島
[4]アレン:2号2ラン(広島2-0西武)【投手:工藤公康】
4回裏
広島
[8]達川光男:ライト前へのタイムリーヒット(広島3-0西武)【投手:工藤公康】
試合終了広島3-0西武
投手・打者の対戦結果一覧



── データ:「日本野球機構

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【明日の予告先発】[広島]森下暢仁[阪神]西勇輝(18時開始予定・甲子園) Apr 12, 2021
【公示】[抹消]野村祐輔(2021年4月12日) Apr 12, 2021
【カープ】高橋昂也投手が1軍合流 Apr 12, 2021
野村謙二郎さん、今後のカープの課題について「牽制死、走塁死が多く見られる。これは相手に流れを渡してしまう」 Apr 12, 2021
【カープ】安仁屋おじいちゃん、昨日のお昼過ぎの記憶だけ喪失 Apr 12, 2021

QRコード

QR