広島は「春牡蠣」シーズンに突入/免疫力アップにも効果的



【広島のニュース】
── 2017年度より「牡蠣」の生産量・1人あたりの消費量が共に日本一を誇る広島県は「春牡蠣」のシーズンに突入。
「春牡蠣」とは3~4月に水揚げされる牡蠣の事。一般的に広島の牡蠣の旬は冬とされていますが、広島大学大学院・羽倉義雄教授の研究結果によると、牡蠣の旨味成分が最も多くなるのは2~4月である事が判明。

広島・岡山・山口に展開しているスーパーマーケットチェーン『フレスタ』では、4月12日(日)までの期間限定で広島県産の「春牡蠣」を使った「春獲れ!カキフライ(広島県産牡蠣原料使用)」が販売されており、春ならではの味わいのカキフライを楽しむチャンスとなっています(なくなり次第終了)


牡蠣
免疫力を高める効果が期待できる栄養素「亜鉛」が豊富に含まれる


コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【今日のスタメン】広島-DeNA(25日・マツダ)[開始予定時刻:18時] Sep 25, 2020
【明日の予告先発】[広島]森下暢仁[DeNA]濵口遥大(26日・マツダ)14時に開始予定 Sep 25, 2020
【公示】[登録]一岡竜司(2020年9月25日) Sep 25, 2020
【動画】広島・呉~松山航路、船上からの風景/音戸大橋や海上自衛隊 呉地方総監部 Sep 25, 2020
「パックマン」生誕40周年を記念して広島東洋カープとのコラボグッズが発売 Sep 25, 2020

QRコード

QR