広島は「春牡蠣」シーズンに突入/免疫力アップにも効果的



【広島のニュース】
── 2017年度より「牡蠣」の生産量・1人あたりの消費量が共に日本一を誇る広島県は「春牡蠣」のシーズンに突入。
「春牡蠣」とは3~4月に水揚げされる牡蠣の事。一般的に広島の牡蠣の旬は冬とされていますが、広島大学大学院・羽倉義雄教授の研究結果によると、牡蠣の旨味成分が最も多くなるのは2~4月である事が判明。

広島・岡山・山口に展開しているスーパーマーケットチェーン『フレスタ』では、4月12日(日)までの期間限定で広島県産の「春牡蠣」を使った「春獲れ!カキフライ(広島県産牡蠣原料使用)」が販売されており、春ならではの味わいのカキフライを楽しむチャンスとなっています(なくなり次第終了)


牡蠣
免疫力を高める効果が期待できる栄養素「亜鉛」が豊富に含まれる


コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

今日のカープ・明日のカープ[2020年12月1日(火)] Dec 01, 2020
【カープ】契約情報(2021) Dec 01, 2020
【カープ】遠藤、憧れの背番号について「11番」 Dec 01, 2020
カープ選手の自主トレ情報一覧(2020年オフ~2021年1月) Dec 01, 2020
オリックスに1軍打撃コーチとして招聘された梵さん「レンタカーをよく借りるので、オリックスレンタカーから連絡が来たのかと」 Dec 01, 2020

QRコード

QR