【カープ】堂林、11年目の覚悟「今年は本当のラストチャンス」



【カープ選手特集】
── RCCテレビの情報番組「イマナマ!」は24日、カープ・堂林翔太選手にインタビューを行った模様を放送。
「ことしは本当のラストチャンス」
堂林翔太 11年目の覚悟
(RCCテレビ「イマナマ!」)

覚悟の11年目


堂林:毎年、意気込んでやっていますけど、今年は監督が代わったというタイミングでもありますし、最低でも1年間1軍にいるという目標は立ててやっています。





4年連続4回目となる護摩行参加


堂林:今年は3日間で5回やったんです。自分が出したことがないような声を張ってやりました。

堂林:声も枯れましたし、今までで一番キツかったですけど、終わってみれば「やってよかったな」と思いましたね。






主戦場は一塁


堂林:新井さんの姿を見て、ファーストの重要性を感じた部分もあります。

堂林:とにかく前に落とせばアウトを取れるというのもありますし、あとは他の野手の方の送球をカバーする。自分もスローイングが悪い分、相手の気持ちは分かりますし、救われた部分はたくさんあったので。

堂林
:そこ(捕球技術の向上)を意識しています。






一塁はライバルの多い激戦区


堂林:(他選手を)「意識するな」というのは無理ですけど、やるべきことを見失わなければ良い競争ができると思います。






打撃について


堂林:あまりホームランというのは考えていないです。しっかりと外野を間を抜くというのが自分のスタイルかなと思いますし、それは長打と同じなので。

堂林:チャンスで返したいです。





沖縄キャンプでは新井さんからアドバイス


堂林:あそこから自分が変わっていけたと思いますし、結果も出始めたので。

堂林:小さい事ですけど、自分の中では大きくて。

── どんなアドバイスを?

堂林:バットのトップをキープしたまま打てと。

堂林:「ボールがくるギリギリまでキープして、一気に解放しろ」ということですね。





今季の意気込み


堂林
:今年は本当のラストチャンスというか、それぐらいのチャンスだと思っていますし、三連覇した時はなかなかチームの輪の中に入れていなかったので、今年1年間1軍に帯同して、優勝の輪に加わりたいという思いです。



── RCCテレビ「イマナマ!」(24日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び要約・意訳

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【動画版】マツダスタジアム一般開放の様子(2020年5月29日) May 31, 2020
【カープ】鈴木誠也が見据えるもの「今年はCSがあるか分からない。優勝したものだけが日本シリーズに行けると思う。そこを目指して自分のやれることをやる」 May 31, 2020
【番組情報】6月5日(金)19時30分~「ラウンドちゅうごく『佐々岡真司 新生カープへの軌跡』」[NHK広島・岡山・島根] May 30, 2020
大重麻衣アナ、5月末で広島ホームテレビを退社/同局の番組「フロントドア」には引き続き出演 May 30, 2020
【投手・打者の対戦結果一覧】紅白戦(30日・マツダ)/メヒア、ついに化ける可能性 May 30, 2020

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
1位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR