【愛トラベル】広島で初の「新型コロナウイルス関連倒産」



【広島のニュース】
── 日本国内最大手の信用調査会社「帝国データバンク」は10日、「新型コロナウイルス関連倒産」動向調査の結果を発表。
2020年3月11日13時現在で判明している新型コロナウイルスの影響を受けた倒産(法的整理または事業停止)は、全国に8件あることが判明しており、法的整理が5件、事業停止が3件。

エリア別に見ると「近畿」が3件で最多。「北海道」「東北」「北陸」「中部」「中国」がそれぞれ1件。

いずれのケースも以前から経営難や厳しい経営環境に置かれていた共通点があり、新型コロナウイルスが追い打ちをかける形で法的整理・事業停止に踏み切ったというもの。今後は、エリア拡大や新型コロナウイルスが主要因となる倒産、連鎖倒産の発生が懸念される。



■ 広島で初の新型コロナウイルス関連倒産となったのは安佐南区の「(株)愛トラベル」

1998年6月に設立された国内旅行業者で、大型観光バスの導入を進め、自社企画した中国・四国エリアの観光名所を巡る日帰りバスツアー(お遍路等)を主体に事業を展開。広島市と福山市の2拠点で積極的な格安プランの広告宣伝、営業活動を行い、2007年5月期には13億円を上回る年売上高を計上していた。

近年は同業他社との価格競争の激化や節約志向の高まり、西日本豪雨災害の影響で採算性が悪化。厳しい資金繰りが続くなか、新型コロナウイルスの影響で予定したツアーの中止が相次いだため、経営継続が不可能となり、近く広島地裁へ自己破産申請する旨の告示書を本店事務所に掲示して事業を停止となった。

負債は推定2億円。


── プレスリリース:PR TIMES「TDB(帝国データバンク)

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

今日のカープ[2021年1月15日(金)] Jan 15, 2021
【カープ】ドラ6・矢野雅哉選手、ホームからボールを投げてバックスクリーンに直撃させる強肩の持ち主。遠投130m Jan 15, 2021
【カープ2軍】春季日南キャンプ、政府と宮崎県双方による緊急事態宣言が解除されるまで無観客 Jan 15, 2021
【2021】新カープグッズ先行公開の第4弾は「CAP」特集 Jan 15, 2021
プロ野球12球団と『エヴァンゲリオン』のコラボグッズ第2弾が発売へ Jan 15, 2021

QRコード

QR