【新型コロナ問題】専門家チーム「集団で立ったり座ったりを繰り返す応援は接触感染リスク」



【カープ関連ニュース】
── 日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が共同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」は12日、第3回会議を実施。
会議では、専門家チームより新型コロナウイルス感染症対策についての提言が行われ、観客の感染リスクが高い行為として「ジェット風船応援(飛沫感染リスク)」「集団で立ったり座ったりを繰り返す応援(接触感染リスク)」などが挙げられた。

ビッグプレー、ファインプレー等での観客のハイタッチも感染リスク「中」の位置付け。

また、観客に感染例が出た場合に備え、周囲に座っていた人を特定できるような工夫も必要とされており、スタジアム回遊型コンコースの移動制限が行われる可能性もある。

他には「ファンから手渡されたペン、色紙、ボールなどでのサインを行うファンサービス、ハイタッチなどを行わない」「スタジアム内でのアルコール飲料販売の抑制」など。

専門家チームは「新型コロナウイルス感染症対策は、個人防衛、集団防衛、社会防衛の3つの見地から考える必要があります。何よりも重要なのは、選手・コーチ・監督・スタッフが、発熱・咳・倦怠感などの症状を認めたら休む勇気を持つこと、観客も観戦にあたっては発熱・咳・倦怠感などの症状を認めた場合にはスタジアムに行かないという文化を醸成することです」とし、スタジアムの環境整備については「あと数週間程度の時間が必要ではないかと考えます」とまとめている。



── SOURCE:「日本野球機構


※ カープに関係のある部分をピックアップしています。

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【カープ】順位表(2020年9月26日) Sep 26, 2020
【カープ】大盛選手について正隨選手「あんなに足が速いのに待ち合わせ場所には必ず遅れてくる」 Sep 26, 2020
【試合結果】広島2-5DeNA(26日・マツダ) Sep 26, 2020
カープ球団、育成3年目の藤井黎來投手と支配下契約 Sep 26, 2020
【今日のスタメン】広島-DeNA(26日・マツダ)[開始予定時刻:14時] Sep 26, 2020

QRコード

QR