【カープ】鈴木誠也、1安打あたりのスイング数が最も少ない打者ランキングで1位(’10~’19年)/日本球界最高の選球眼を持つ男



【カープ関連特集】
── 野球を題材にした情報バラエティ番組「球辞苑」(NHK-BS1)は先月29日、「選球眼」について特集し、2010年から2019年の間で1安打あたりのスイング数が最も少ない打者ランキングを発表。
2位にマートン(元阪神)、4位にルナ(元広島)ら好打者がランキングに名を連ねる中、1位に輝いたのが鈴木誠也。1安打あたりのスイング数は「5.69」だった。

また、ファーストスイングでの本塁打数は球界ダントツの82本。3ボール0ストライクからの打率ランキングでも5割6分でトップと、狙い球を逃さないという点での選球眼の良さは球界トップクラスであることが証明された。

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【2軍の試合経過詳細】ソフトバンク-広島(1日・タマスタ)[開始予定時刻:13時] Oct 01, 2020
【今日のカープ2軍スタメン】ソフトバンク-広島(1日・タマスタ筑後)[開始予定時刻:13時] Oct 01, 2020
【番組情報】元カープ・辻空投手の特集など「バース・デイ」10月3日(土)16時30分~[TBSテレビ] Oct 01, 2020
【カープ】ドラフト指名候補情報(2020) Oct 01, 2020
【順位表】カープ、9月を9勝15敗2分(勝率.375)で終える Sep 30, 2020

QRコード

QR