【カープ】2019年シーズン、チェンジアップで最も打者を打ち取ったのはフランスア/同被打率5位に九里



【カープ関連特集】── NHK-BS1で放送されている野球を題材とした情報バラエティ番組「球辞苑」は1日、ウイニングショットとして使われることが多い変化球「チェンジアップ」を題材として特集。
特集では、2019年シーズンのチェンジアップ被打率ランキングのベスト5が発表され、5位が九里亜蓮(.177)、1位はフランスア(.127)とカープ勢が2人もランクイン。

フランスアは平均球速151キロ以上のストレートと、140キロ近い落ちる系チェンジアップの球速差を利用し、アウトの7割を三振で奪った。

番組でチェンジアップについて分析した(株)ネクストベース主任研究員の神事努さんは「ギャップで勝負するボール。ストレートありきのボールですので、ストレートの球速とチェンジアップはワンセットで考えないといけない」とまとめている。

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【カープ】年齢・世代別選手表/選手誕生日一覧(2021年版) Dec 02, 2020
今日のカープ・明日のカープ[2020年12月1日(火)] Dec 01, 2020
【カープ】契約情報(2021) Dec 01, 2020
【カープ】遠藤、憧れの背番号について「11番」 Dec 01, 2020
カープ選手の自主トレ情報一覧(2020年オフ~2021年1月) Dec 01, 2020

QRコード

QR