築100年を超える(旧)広島陸軍被服支廠、県所有の3棟のうち2棟を解体、1棟を保存へ

(旧)広島陸軍被服支廠

【広島のニュース】
── 広島県議会の12月定例会が5日に開会し、広島市南区にある被爆建物「(旧)広島陸軍被服支廠」について、県所有の3棟のうち1棟を保存、2棟を解体する方針を湯崎知事が示しました。
湯崎知事は「(旧)広島陸軍被服支廠は築100年を超え、劣化の進行により周辺住民にとって危険な状態となっており、将来的な利活用の可能性も念頭に1棟を保存、2棟を解体・撤去するのが適当との対応方針案をまとめました」とし、「引き続き議会の皆さんをはじめ、県民の意見を聴きながら具体的な対応案をまとめ、来年度当初予算案に安全対策や利活用などの検討に必要な費用を盛り込めるよう検討を進めます」と今後の道筋を示しました。

なお、残りの1棟は中国財務局が所有。




── 一部出典:NHK総合・広島「ニュース」(5日放送)

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

山陽新幹線の車内販売、6月以降も休止継続 May 25, 2020
【プロ野球】最短で7月10日には上限5000人での観客収容が可能に May 25, 2020
球児救済へ。広島県高校野球連盟、独自大会開催に向けて協議 May 25, 2020
1都3県及び北海道の緊急事態宣言が25日に解除へ/プロ野球の今後の日程も発表される見込み May 24, 2020
【2020年6月】カープ1軍の日程表 May 24, 2020

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
3位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR