築100年を超える(旧)広島陸軍被服支廠、県所有の3棟のうち2棟を解体、1棟を保存へ

(旧)広島陸軍被服支廠

【広島のニュース】
── 広島県議会の12月定例会が5日に開会し、広島市南区にある被爆建物「(旧)広島陸軍被服支廠」について、県所有の3棟のうち1棟を保存、2棟を解体する方針を湯崎知事が示しました。
湯崎知事は「(旧)広島陸軍被服支廠は築100年を超え、劣化の進行により周辺住民にとって危険な状態となっており、将来的な利活用の可能性も念頭に1棟を保存、2棟を解体・撤去するのが適当との対応方針案をまとめました」とし、「引き続き議会の皆さんをはじめ、県民の意見を聴きながら具体的な対応案をまとめ、来年度当初予算案に安全対策や利活用などの検討に必要な費用を盛り込めるよう検討を進めます」と今後の道筋を示しました。

なお、残りの1棟は中国財務局が所有。




── 一部出典:NHK総合・広島「ニュース」(5日放送)

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

サイト内検索

最新記事

【今日のカープ】田中広輔選手が国内FA権を行使せず残留を表明。ドラ1・栗林良吏投手と仮契約等[2020年11月30日(月)] Nov 30, 2020
【カープ】契約情報(2021) Nov 30, 2020
【カープ】ドラ1・栗林良吏投手と仮契約。契約金1億円・年俸1600万円+出来高5000万円 Nov 30, 2020
FA権を行使せず残留を決めた田中広輔選手が会見「広島全体が家族のようなイメージ」「またカープを強くしたい」 Nov 30, 2020
背番号別カープ選手一覧(2020年オフ版)[現在の空き番号・各番号の代表的選手] Nov 30, 2020

QRコード

QR