【カープ】矢崎「自分の動きをコントロールできない」/燃える気持ちと理想のフォーム



【カープ選手特集】
── RCCテレビの情報番組「RCCニュース6」は22日、カープ・矢崎拓也投手の特集を放送。
実りの秋季キャンプ
矢崎拓也の新境地

3年前の秋、カープにドラフト1位指名された矢崎拓也。

MAX153キロのストレートと打者に真っ向勝負する強いハートを持ち、デビュー戦では9回1アウトまでノーヒットピッチング。将来を大いに期待されました。

しかし、2018年は1軍登板ゼロ。ボールに力強さはありながらも、持てる力をコントロールできない状況が続きました。

矢崎:マウンドでは“ガッ!”と気持ちが入ることが多かったです。

矢崎:見た目も自分の感覚も動きが速くなって、自分の体を扱っている実感が短くなるというか、それは自分をコントロールできていないということだと思うので。

矢崎:自分をコントロールできないのに相手と戦うのは出たとこ勝負になってしまうのかなと思います。





学生時代から持ち味はボールとハートの強さです。

しかし、一定の割合で素晴らしい球を投げられても再現性は乏しい。この点に矢崎はもどかしさを感じていました。




高校・大学時代の投球スタイル

矢崎:力技ですかね。「おりゃああっ」て投げて(笑)

矢崎
:やっぱり安定はしないですよね。出来る時と出来ない時の差が激しくて。

矢崎:良い球がいって、次は悪い球がいって。

矢崎:「もう1回やれ」って言われた時に出来ないのが、悔しいというか「なんで(できない)」と思っちゃう。

矢崎:同じように動けば同じところに行くと思うのに、それができないのはなぜなのか。





秋季キャンプ、矢崎はキャッチボールから大事にしていた感覚がありました。

矢崎:右足にしっかり力をためて、それを一気に投げたい方向にもっていく。それが今一番ポイントに挙げているところです。

矢崎
:ブルペンだと勝手に力が入るので、それに身を任せて投げている感じだったんですけど、キャッチボールは自分の体をうまく動かすことにフォーカスしていたというか。

矢崎
:そこに力が加わる感じだと良かったと思うんですけど、まだマウンドとキャッチボールの動きがリンクしないので。





燃える気持ちと理想のフォーム。相乗効果があるようで、お互いがそのパフォーマンスを阻害もする。

なんとか自分の強みと強気をリンクさせたい。この繊細な秋の取り組みは次なるシーズンにきっと繋がるはずです。

矢崎
:チームに貢献したいとはいつも思ってますけど、毎年その思いは変わらないことだと思うので。

矢崎
:なんとか1年が終わった時に「やりきった!自分の力を出せた!」というシーズンにしたいです。


── RCCテレビ「RCCニュース6」(22日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び意訳

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

年末年始のプロ野球&カープ関連番組情報(2019-2020)[体育会TV・選手会ゴルフ・バトスタ・ジョブチューン等] Dec 14, 2019
【カープ】免許取得中の遠藤投手、いきなりジャガー購入へ/山口投手もジャガー購入 Dec 14, 2019
【カープ】一岡投手と菊池保則投手が広島競輪場に登場/マックスバリュ千田店には九里投手 Dec 14, 2019
【カープ】遠藤淳志投手の好きな動物はレッサーパンダ/安佐動物公園でイベント Dec 14, 2019
【カープ】幼稚園の子供達に好きな食べ物を聞かれた鈴木誠也「いちご」園児「いちごはくだもの!だめ!」 Dec 13, 2019

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
1位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR