【プロ野球】出場機会に恵まれない選手の救済システム「現役ドラフト」が最速で来年導入の可能性



【カープ関連ニュース】
── NHKは20日、プロ野球で導入が検討されている「現役ドラフト」について、日本野球機構が「早ければ来年、遅くとも再来年には導入できる」とする見通しを示したと報道。
「現役ドラフト」は、出場機会に恵まれない選手の救済や球団による飼い殺しを防ぐシステムとして、他球団の現役選手を指名獲得することが可能となる制度。

メジャーリーグではマイナー契約選手のみ指名が可能で、在籍年数などによる制限があるが、日本球界に導入する場合の詳細については現時点では明かされていない。


── SOURCE:「NHKニュース

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

「ボルヴィック」、キリンが2020年末に出荷を終了 Jul 06, 2020
明日の予告先発【広島】森下暢仁【DeNA】濵口遥大(7日・マツダ)[開始予定時刻:18時] Jul 06, 2020
【公示】[抹消]中村恭平(2020年7月6日) Jul 06, 2020
【雨天中止】広島-阪神(6日・マツダ) Jul 06, 2020
【カープ】堂林、好調を支える打席での意識「背番号が見えている時はしっかりセッティングできていることが多い」 Jul 06, 2020

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
1位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR