【カープ】復活が待たれる右腕・岡田明丈の今「新しい事に挑戦していて充実しています」



【カープ選手特集】
── 広島ホームテレビの情報番組「みみよりライブ 5up!」は15日、カープ・岡田明丈投手の特集を放送。
岡田明丈
復活が待たれる右腕の今

秋季キャンプでの取り組み

岡田:ストレートの確率というか、自分が投げる球をいかにコントロールできるかを引き続き取り組んでいて、継続して良い形で来ていると思います。






自らと向き合いながら研鑽の日々を送る岡田明丈。この秋のテーマに掲げたのがストレートの質とコントロール。

その理由は、先発ローテとして期待されながらも制球に苦しみ、わずか3試合の登板に終わった今シーズンの投球内容にあった。

岡田:1軍で投げさせてもらって、あまりストライクが入らない状態になった時に、やっぱりもう1回ストレートの確率を求めていかないとなと思ったので。

岡田:今年はそこに取り組んでいます。





結果を残せず、2軍で自分を見つめ直す日々が続いた今シーズン。しかし、そんな時間が今の岡田にとってはプラスに働いているという。

岡田
:成績面では全く結果は出ていないんですけど、すごく良い時間を過ごせたシーズンだったなと思います。

岡田
:新しいことにも挑戦をして、今やっているので充実していました。





── 転機と捉えて過ごしていた?

岡田:そうですね。でも結果も出していかないといけない立場でもあるので、そこにどう結び付けるかは、これからやっていかないといけないことだなと思います。






ブルペンはビデオカメラと簡易弾道測定器によるダブルチェック体制


岡田:投げた瞬間に見られるので、感覚が新鮮なうちに、記憶にも残っている間に、すり合わせがスムーズにいくと思います。

岡田:まずはキャッチャーの方向にどれだけ入っていけるかを意識しています。

岡田:ストレートの質とある程度の制球はできるようになってきていると感じています。






徐々に手応えを感じながら着々と進化を続ける岡田明丈。

今年味わった悔しさを再び1軍の舞台で晴らすためにも、遠い日南で静かな闘志を燃やしている。

岡田
:プロに入ってから1年間プレーできたシーズンは本当にないというか、ギリギリ駄目だなというのがあったりしたので。

岡田
:1年間安定して投げていけるというところは絶対条件として、オフに取り組んでいきたいと思います。



── 広島ホームテレビ「みみよりライブ 5up!」(15日放送)より「安芸の者がゆく」が文字起こし及び要約・意訳

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【公示】[登録]島内颯太郎(2020年7月7日) Jul 07, 2020
【カープ】2020ドラフト指名候補予想 Jul 07, 2020
【訃報】元カープ投手・望月一さん(52歳)が死去/里崎智也さん「カープ、ロッテの選手達はすごくお世話になった」 Jul 07, 2020
【2軍・雨天中止】広島-オリックス(由宇)/数少ないホーム戦中継日、2試合連続で流れる… Jul 07, 2020
「ボルヴィック」、キリンが2020年末に出荷を終了 Jul 06, 2020

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
1位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR