巨人・原監督がFA人的補償に異議「暗いニュースになる。あってはいけない」



【プロ野球ニュース】
── サンケイスポーツは5日、読売巨人軍の原辰徳監督が、フリーエージェント(FA)の補償制度に対して異議を唱えたと報道。
原監督は、選手の流出元球団が獲得する「人的補償」が、制度活性の妨げになっている可能性を主張し、人的補償の撤廃、または現行28人のプロテクト枠の拡大などの案を示したというもの。

原監督は「FAで選手を取るというのは、野球界全体の活性化。それはマイナスでなく、プラスなこと。明るい話なのに、そのこと(人的補償)になった途端、暗いニュースになる。これはあってはいけないことですよ」と語ったとされている。


なお、メジャーでは戦力均衡策として「ぜいたく税」が導入されており、球団側が選手に支払う年俸総額が一定額を超えた場合、超過分に課徴金を課す「課徴金制度」がある。

また、ドラフト会議では完全ウェーバー制(最下位球団から順番に指名のみ。競合無し)が採用。FA選手獲得球団は保有している指名権を少なくとも1つ以上失うなどのルールがある(流出元球団は補完指名権を得る)


── SOURCE:「サンケイスポーツ

コメント

匿名

原の発言は自分、自軍のことしか考えないいつもの発言。少くとも日本シリーズの敗けはDH制のせいじゃないもんね。主軸が、打てなかったし、中継ぎも明らかにソフトバンクより劣ってた。
FAの人的保証のいっちーや赤松さんは、カープに来てよかったよね。

名無し

実際、人的補償って制度としては良くない。選手が獲得した権利を使用し辛くさせようって制度だからね。うちみたいにFAで出ていかれるばかりのチームは辛いけど1番悪いのは選手に見合った条件を提示しない球団だからね。ドラフト制度は興行的になってるからウェーバー式は現実味ないしね。

-

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

12月1日(日)ウインズ広島で「一岡竜司選手&中村恭平選手スペシャルトークショー」[第1部:11時~/第2部:13時45分~] Nov 20, 2019
11月22日(金)25時25分~新井貴浩と鶴瓶&ももクロがズムスタへ降り立つ「桃色つるべ」[関西テレビ] Nov 20, 2019
日南秋季キャンプ最終日、カープ選手が自転車等で球場入りする風景[岡田・小園・中村奨成ら25選手+猫] Nov 20, 2019
【阪神】新井良太さん、1軍打撃コーチに昇格 Nov 20, 2019
「バトスタ」にカープ・小園海斗選手/出場選手発表の第1弾 Nov 20, 2019

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
1位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR