【カープ】野間「僕自身も悔しいシーズンだった」走攻守全てを強化へ/安部「このままじゃ終われない」



【カープ関連ニュース】
── RCCテレビの情報番組「RCCニュース6」は15日、カープの秋季練習(第2クール2日目)の模様を紹介。
秋季練習 第2クール2日目
今季の悔しさ晴らす

「このままじゃ終われない」
安部、新たな挑戦


恒例となった野手全員がポジションに関係なく行う内野ノック。







今日はムードメーカーの上本が盛り上げます。







そんな中、打撃練習でコーチと話し込んでいたのが安部。







今シーズンは114試合に出場しましたが、スタメンでの出場はシーズン終盤にかけて減少。







安部は少しでも試合に出る機会を増やすため、サードを本業としながらも今秋から外野の守備にも改めて挑戦しています。

安部:(今季は)不完全燃焼という言葉がぴったりだったというか、いろいろ試行錯誤していくうちにシーズンが終わってしまったという感じなので
悔しいシーズンでした。



安部:このままでは終われないので、出場機会を増やすために外野にも挑戦しています。






廣瀬コーチ:外野手は打てないと使ってもらえない状況なので、選手の引き出しの一つになるように手伝ってあげています。







今日も全体練習後、西川や磯村らと最後まで残って練習を重ねた安部。試合に出るという執念を原動力に挑戦を続けます。

安部:なんでもいいので試合に出たいという思いです。どこでも出られるような選手であれば出場機会は増えると思うので。








走・攻・守を強化
野間 スタメン奪還へ

不完全燃焼と言い切った安部と同じく、野間にとっても今年は心残りの多いシーズンとなりました。







開幕からしばらくは、スタメンとしてセンターの定位置を確保していましたが、6月の交流戦あたりから打撃不振もあり、レギュラーから遠のきました。







野間:僕自身も悔しいシーズンだったので、全体的に走攻守全てにおいてもっと突き詰めてやっていかないといけないなと思います。







その打撃強化の一環として、右利きの野間がユニークな練習も。

野間:もともと僕は右打ちを左打ちに変えているタイプで、(純粋な左投左打の人とは)体重の乗せ方だったりが軸足が違うので。

野間:そこで左投げの練習をして感覚を掴むというか。








野間は今シーズンの悔しさを晴らすべく、努力と工夫を重ねます。

野間
:レギュラーとして貢献して日本一になれたら一番良いと思うので、そこを目指して頑張っていきたいと思います。



── RCCテレビ「RCCニュース6」(15日放送)より

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【順位表】カープさん、今季11回目の延長戦で初めて勝利をもぎ取る(2020年9月19日) Sep 20, 2020
【カープ】今日のヒーローは延長10回に勝ち越し打を放った大盛「何がなんでもという気持ちでした」 Sep 19, 2020
【試合結果】ヤクルト2-3広島(19日・マツダ)/森下7回2失点。延長10回、大盛が穂の勝ち越し打 Sep 19, 2020
【今日のスタメン】ヤクルト-広島(19日・神宮)[開始予定時刻:18時30分] Sep 19, 2020
2020年の秋季教育リーグは11月8日に無観客で開幕/秋季キャンプは行われない見通し Sep 19, 2020

QRコード

QR