阪神のランディ・メッセンジャー投手が現役引退を表明



【プロ野球ニュース】
── 阪神球団は14日、ランディ・メッセンジャー投手の現役引退を発表。
メッセンジャー投手は2010年から阪神タイガースでプレー。2019年には外国人選手枠から外れるなど長期間に渡って活躍し、日本通算100勝にあと2勝にまで迫っていたが、右肩の不調もあって引退を決断した。

同投手の来日と近い時期には、広島にバリントン投手(2011)、ミコライオ投手(2012)、エルドレッド選手(2012)らが加入。この世代の外国人選手は日本によく馴染み、多くのプロ野球ファンに愛された。

また、2015年には黒田博樹投手の投げ合いが実現し、「メッセンジャー黒田」対決としても話題になった。


── SOURCE:Twitter「阪神球団

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【カープ】森下暢仁投手が表紙「広島アスリートマガジン」2020年9月号は8月25日(火)に発売 Aug 13, 2020
【プロ野球】セ・リーグの順位表(2020年8月13日) Aug 13, 2020
【明日の予告先発】[広島]森下暢仁[阪神]藤浪晋太郎(14日・京セラD大阪)18時に開始予定 Aug 13, 2020
【公示】[抹消]DJ・ジョンソン(2020年8月13日) Aug 13, 2020
【カープ】大盛穂選手が2020年6・7月度の「スカパー!ファーム月間MVP賞」を受賞 Aug 13, 2020

QRコード

QR