レジでの会計時、キャッシュレス決済は現金よりも16秒速いことが判明/完全キャッシュレス移行で1店舗あたりの労働時間は1日約4時間減少?[JCB調べ]



【時事】
── 株式会社ジェーシービー(JCB)は、2019年10月の消費増税および、キャッシュレス・消費者還元制度の施行に伴い、「現金」「クレジットカード(サインレス)」「非接触型(QUICPay)」「QRコード(代表的な4種)」の4つの決済方法に関して、決済速度に関する実証実験を行ったと発表。
実験からは、レジ会計においてキャッシュレス決済は現金よりも16秒速く、非接触型(QUICPay)に限ると現金より20秒速く決済できることが判明。

また、実験によって導かれた各決済速度の差をもとに試算したところ、消費者が完全にキャッシュレスへ移行すると、1店舗あたりの労働時間は一日約4時間減少する可能性も示唆されている。


── SOURCE:「株式会社ジェーシービー

コメント

非公開コメント

安芸の者がゆく@広島東洋カープ応援ブログ

プロ野球・広島東洋カープを応援する個人ブログ。カープや地域情報・速報・文字起こし・写真等

検索フォーム

最新記事

【動画】広島ドライブ「安芸の者がゆく」(南区楠那町 → 安芸区中野東) Aug 15, 2020
森下暢仁投手について阪神・矢野監督「全部の球種で三振が狙える投手」 Aug 15, 2020
【2軍の試合結果】ソフトバンク1-0広島(14日・タマスタ筑後)/山口翔、1軍級のホークス打線を相手に6回途中1失点 Aug 14, 2020
【2軍の試合経過詳細】ソフトバンク-広島(14日・タマスタ筑後)[開始予定時刻:18時] Aug 14, 2020
【カープ】今日のヒーローはプロ初完投・初完封勝利の森下暢仁投手「今日は最後まで投げ切ることができて良かったです」 Aug 14, 2020

QRコード

QR